2019年8月21日

2019年8月21日

報道関係者各位

ECマーケティングが
「東南アジア富裕層向けインバウンド支援サービス」を開始
~現地大手メディア「セニョ~ム」と提携、東南アジアの訪日客の増加を背景にインバウンド施策を強化~

ECサイトを中心に売上アップのサポートを行うECマーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山高志)は、東南アジアの訪日客が増加しているなかでインバウンド施策を強化するための「東南アジア富裕層向けインバウンド支援サービス」の提供を9月1日より開始いたします。

訪日インバウンドビジネスが注目されてから5年以上が経ちますが、訪日インバウンド市場におけるトップ2である中国、韓国からの訪日数の成長が鈍化しはじめている一方で、ここ数年、東南アジア各国(マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナムなど)の訪日客が前年比10-20%ペースで増加しています。

2017年から2018年を比較すると14.1%の伸び(出典元:日本政府観光局(JNTO))となっているため、東南アジアに対する日本企業のマーケティング施策の重要度が高まっている状況です。
弊社では、これまでのデジタルマーケティングの実積と東南アジアでのネットワークを活かし、その受け皿となる訪日インバウンドソリューションを提供します。

「東南アジア富裕層向けインバウンド支援サービス」は、富裕層が居住する地域へのターゲティングを行うSNS広告や検索エンジン広告運用、日本とマレーシアをつなぐ最大級のフリーマガジン「セニョ~ム」へのタイアップ広告、ショッピングモールでの体験型イベントの3種類のクロスメディア展開の企画・運用・レポーティングとなります。

ECマーケティングでは、日本および東南アジアでの800社へのデジタルマーケティング支援の実績をもとに、マレーシアと日本をつなぐ最大級のフリーマガジン「セニョ~ム」や東南アジアの主要ショッピングモールとの連携により、新しい訪日インバウンドサービスを展開していきます。

ショッピングモールでの体験型イベント例

マレーシアと日本をつなぐ最大級フリーマガジン「セニョ~ム」

■「東南アジア富裕層向けインバウンド支援サービス」の概要

サービス内容
1) ブランド認知:ターゲットとなる富裕層が居住する地域へのセグメント配信によるソーシャルメディア広告、Google広告の運用。
2) ストーリー展開:マレーシアと日本をつなぐ最大級フリーマガジン「セニョ~ム」(発行部数:2万部)へのタイアップ広告掲載。
3) リアル展開:東南アジア富裕層が利用するショッピングモールでの体験型イベント(週末土日2日開催など)の実施。

サービス提供
詳細なヒアリング後に、具体的なプランを提案します。

本サービス対象企業
・中小の旅行代理店
・観光関連業種(テーマパーク・ホテルチェーン・鉄道やバス会社など)
・外国人向けの旅行関連の情報サイト及び関連サービス
・外国人向けに物件販売を強化したい不動産会社

費用/期間
月額100,000円 × 6ヶ月~

■会社概要

名称: ECマーケティング株式会社
代表者: 中山 高志

本社: 〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-13芝エクセレントビル7F
TEL: 03-6435-9540 FAX: 03-6435-9440

設立: 2010年12月
資本金: 10,000,000円
事業概要:
1.Webプロモーション改善事業
2.ユーザビリティー改善事業
3.CRM顧客リピート率改善事業
4.Web制作、Webシステム開発事業

■お問い合わせ先
ECマーケティング株式会社 田中雅人
TEL:03-6435-9540
E-mail:info@ecmarketing.co.jp

ページトップへ
メディア掲載実績