訪日インバウンドマーケティング支援

急成長する東南アジア各国から日本に来訪する、「インバウンド顧客」にアプローチしたい企業様向けに、
メディアミックスを活用したマーケティング支援を行なっています。

東南アジア向け

訪日旅行客が年々増加する昨今、最もボリュームが大きい1位韓国、2位中国は、多くの支援会社があります。しかし、政治情勢の不安定さゆえにリスクが高いのも事実です。

その中でECマーケティングではさらなる伸びしろとして「東南アジア」のアッパーミドル層に着目しています。

東南アジアの訪日旅行客数自体は全体の16%程度ですが、①高い成長率(前年比+15%)、②バンコク・ジャカルタなど都市圏を中心に急増する中間富裕層、③高い確率で親日家ゆえに現地対応がしやすいという点でお問い合わせをいただくことが増えています。

東南アジアの訪日旅行客グラフ

アッパーミドル層へ効果的なアプローチが可能

東南アジア各国では、階級によって居住地が異なります。それを利用し、オンライン・
オフラインのメディアミックスアプローチにより、効率よく消費活動旺盛な層にリーチすることが可能です。

  • 東南アジアのアッパーミドル向け

    東南アジアのアッパーミドル向け

  • メディアミックスで効果的なマーケティング

    地図

    オンライン

    Facebook および Instagram

    • 高級住宅街アドレス指定
    • 旅行や出張頻度が多い
    • 関連する興味ジャンル
    • 肩書
      (CEO、ビジネスオーナーなど)

    ※googleは利用率が低く、所得によるセグメントが困難です

    オフライン

    高級ショッピングモールでの催事、モール内広告

このような企業・団体様にオススメです

東南アジアのお客様に旅行に来て欲しい企業・団体様に、
現地の消費者ニーズを踏まえ、プロモーション施策をご提案します。

  • ホテル・旅館チェーン

    ホテル・旅館チェーン

  • テーマパークやランドマーク

    テーマパークやランドマーク

  • 地方自治体

    地方自治体

  • 旅行代理店

    旅行代理店

ECマーケティングが選ばれる3つの理由

  • ① 東南アジアと日本での豊富な実務経験

    ECマーケティングは、日本はもちろん、東南アジアにおいても豊富なプロモーションの実務経験があります。プランニングから実行までワンストップでお任せいただけます。

    イメージ画像
  • ② 現地消費者の行動・商圏の知識

    ECマーケティングでは、現地に半常駐メンバーをおいて、現地消費者の行動パターンや商圏の動向データをリアルタイムでウォッチしています。激しく変化する東南アジアの消費行動をキャッチアップすることが可能です。

    イメージ画像
  • ③ 多民族チームで構成される現地スタッフ

    特にオフラインの施策を行う場合、プロジェクト成功の鍵となるのは、現地スタッフの協力です。ECマーケティングのプロジェクトでは、多民族で構成される現地スタッフがお客様のプロモーション成功をサポートします。

    イメージ画像

支援プロジェクト例

オンライン

  • Facebook、Instagram等の 公式ページ運営、
    ユーザー対応(多言語対応)
  • ホテル、航空会社、レンタルWi-Fiサービス等
    Webプロモーション支援
オンラインイメージ画像

オフライン

  • 高級ショッピングモールでのイベント企画・運営
  • 市場規模調査、法人設立支援
  • 各種業態に対する出店候補地、商圏調査
オフラインイメージ画像

支援スケジュール例

お客様の環境や体制、現状の施策状況などを踏まえてお客様ごとにプロジェクトスケジュールを組みます。

あるお客様にご提案したプロジェクトスケジュール

支援スケジュール例

経験豊富なECマーケティングのコンサルタントが担当します!

伊藤 肇

私は、15年近く、日本を代表するようなEコマース企業様から最近Webに力を入れている企業様まで、800サイト以上のサイト改善・CVR向上施策に取り組んでおります。


未だに自社サイトの改善・CVR向上には、どのように取り組むべきか暗中模索している(または手が回っていない)企業様が多い、とお見受けします。確かに、自社サイトの改善はどうしても主観的になりやすいので難しい部分ではあります。


EC/非EC、業界、規模などを問わず総合的にマーケティングをお手伝いしてきたECマーケティングだからこそ、「成果を出せるノウハウ」が豊富にありますので、ぜひ、一度私たちに提案させてください。

ECマーケティング 執行役員

伊藤 肇

経歴

ー 1997年慶應義塾大学卒業後、大手電機メーカーにて仕事の仕方を学ぶ。
ー その後2000年にWebコンサルティング会社に転職。インターネット業界の黎明期からWebマーケティングのコンサルティングで多くの大企業のプロジェクトにかかわり、2004年にはリアルビジネス(店舗運営)を行う会社の創設メンバーとして執行役員を務める。
ー 2006年からはEC専門のコンサルティング会社を共同創業し、数百サイトのコンサルティングを実施。2010年、ECマーケティング(株)の創業に参画。

よくある質問

お問い合わせの多いご質問をQ&Aにまとめました。

  • Qなぜ東南アジアに注目しているのですか?

    A①高い成長率(前年比+15%)を誇っていること、②バンコク・ジャカルタなど都市圏を中心に中間富裕層が急増していること、③高い確率で親日家ゆえに現地対応がしやすいこと、の3点で注目しています
  • Qどんな企業で実績がありますか?

    A直近のプロジェクトとしては、千葉県南房総市のインバウンド旅行強化を目的に、マレーシア現地の紙媒体社と協力して富裕層向けに魅力を発信するプロモーションを行なった実績があります。
  • Qどのくらいの予算規模で行えますか?

    Aオンラインのみの数十万円規模から、オフラインも掛け合わせた大型プロモーションまでお客様に合わせてご提案可能です。まずはお問い合わせください。