東南アジア向けにWebマーケティングを展開する際の基本(日本との違い)

 

東南アジア向けにWebマーケティングを展開する際の基本(日本との違い)について、概論をまとめてみました。

まず基本的な要件として、東南アジアでは、ユーザーがインターネットを使って情報を収集する際の、情報ソースが国別ではなく、人種または言語別に細分化されています。

たとえば、マレーシアを例にとると、主要な人種が以下の3つあって、

 

Ethnicities_in_Malaysia

引用元 https://www.geography.org.uk/teaching-resources/singapore-malaysia/Could-ethnic-tensions-destroy-the-Malaysia-economic-miracle

 

それぞれの人種ごとに、当然ながら情報ソースが異なります。

・マレー系(人口の7割)→マレー語圏のサイト

・中華系(人口の2-3割だが購買力が高い)→中国語圏(香港、台湾)のサイト、英語圏のサイト

・インド系(人口の1割)→英語

となっています。

 

ここでポイントになるのが、「英語」のサイトは、日本において日本語のサイトが充実しているのとは違って、世界中の英語のサイト、つまりアメリカやイギリスを中心とする英語圏のグローバルのWebサイトやWebサービス、アプリ等があり、常に世界中の情報にアクセスできるため、「マレーシア」固有のものWebサイトやWebサービス、アプリ等が「日本」における「日本語のWebサイトやWebサービス、アプリ等」のように発達していません。

中には一部マレーシア固有のものもありますが、もともと英語圏のグローバルサイトや、グローバルのWebサービスがあるため、市場が小さいマレーシア固有のターゲットに対して英語でWebサイトやWebサービス、アプリを作っても費用対効果が見込めず、その必要性が低いためです。

 

また、中国語圏についても同お湯に、ユーザーは同様に華人にとっての情報の発信元である、香港や台湾のサイトを見て(あるいはインフルエンサーをフォローし)情報を収集します。英語圏のサイトと同様に、マレーシア単独で中国語のWebサイトやWebサービスを作ってもその必要性が低く費用対効果が見込めない(あるいは単に必要性が低い)ため、固有のサイトやサービスが(=日本と比較すると相対的に)少なくなっています。

 

その状況は、シンガポールやフィリピンなど、他の英語圏の国々においても同様の状況です。

(※同じ東南アジアでも「タイ」は、自国固有の言語である「タイ語」を国民の多くが使うため、このロジックは必ずしも当てはまりません。インドネシアとベトナムは、一人あたり平均所得がまだ小さく社会インフラが整いつつ有る過程なので、いったん横においておきます。)

 

では、そういう状況の中で、東南アジアの人たちにどのようにしてリーチを獲得するかというと、当然オフライン広告とのクロスメディアが必要になりますが、

日本と異なり、所得による社会階層が明確に分かれているため、そこでも縦にメディアが分断されてる点が、ここでも日本と異なり留意が必要な点になります。

・ショッピングモール広告(購買力によって行くモールが異なるので、ターゲティングしやすい)

 

bsc          publika

 

・TVCM(購買力の高くない人たちがメインターゲット)

・交通広告(シンガポール以外は鉄道は購買力のある人は利用しない)

などです。

 

これらの点を考慮してプロモーション計画を立てることが、重要になってきます。現地の土地勘や文化に対する理解が必要な点については、弊社でサポートさせていただきます。

具体的なご計画がおありの企業様は、こちらまでお問い合わせください。

 

 

 

マレーシアのスタットアップ交流会BEAMに参加しました

 

5月19日にクアラルンプールで開催された、マレーシアのスタットアップ交流会BEAMに参加しました。

BEAMとは、Bridging Entrepreneurs and Moversの頭文字をとったもので、主にWebサービス、Web関連スタートアップ起業家たちがあつまる交流会で、クアラルンプールを中心に、シンガポールにも広がっているようです。

beam2

挨拶をする主催者のKENNETHさん

主催者のKENNETHさんは、自身がgaptionというコンテンツから課金を生み出すSNSサービス( https://www.gaption.com/ )を立ち上げた起業家で、マレーシア政府からの支援を獲得した注目のスタートアップ起業家でもあります。

gaption

Tech in Asia の記事

 

 

beam1

※この写真の一番右に写っているのは筆者(伊藤)です。

 

この会には、100人以上ほどの起業家が集まり、とてもエネルギーにあふれた交流会でした。ほとんどの参加者が20代だったと推測します。

一方で、投資家・ベンチャーキャピタリストは一人も見かけませんでした。この日以外にも、インドネシアやシンガポールに投資をしている人には知り合いますが、マレーシアに投資をしているという人にはめったに出会いません。

マレーシアは投資先としてはインドネシアやシンガポールに埋もれがちですが、であるがゆえにチャンスかもしれないなとおもった1日でした。

 

 

 

マレーシアのWEB広告に関する調査について

 

マレーシアの広告市場規模についてのデータ(2012年)がこちらにあります。

TV広告 2,464百万リンギット(約800億円)に対し、

インターネット広告は、まだ203百万リンギット(約70億円)です。

infocube

 

 

一方で、「アジアリサーチ総研」という会社が、WEBアンケートで集めた104人という母集団から得られた結果を元に以下のような調査結果を10月8日にリリースされました。

 

【調査結果概要】
マレーシア在住者に、各メディア広告(テレビ・ラジオ・雑誌・新聞・WEBサイト・モバイルアプリ・屋外広告)の効果について、市場調査を実施。

「広告を見て、実際に何度も購入したことがある」と回答した人の割合が高いメディアは、1位がWEBサイト( 76.47%)、2位がテレビ( 68.27%)となりました。
マレーシア(東南アジア)においても、WEBの影響力は大きくなっており、そこでの広告は、伝統的なテレビ広告をもしのぐほどになっているという調査結果になっております。

情報ソース

 

これは、特定の媒体(ここではオンライン)だけからサンプルを収集しているので、同条件で、シンガポールや、インドネシアと比較するのでしたら、アリですが、媒体同士の特性や利用状況を比較しての内容については、意味がないと思います。

 

 

一方で、それを早速、以下のメディアが引用して紹介しているのですが、完全にタイトルが一人歩きしています。

 

【マイナビ・ニュース】マレーシアでは、Webがテレビを上回る結果に – 広告効果調査

mynavi

 

【マレーシアナビ】マレーシア人の76%、WEB広告を見て商品を何度も購入

malaysianavi

このタイトルは、もはや事実とは乖離している状態です。

 

 

再度、マレーシアの広告市場規模(2012年)のデータがこちらにあります。こちらは客観的な情報と言っていいでしょう。

TV広告 2,464百万リンギット(約800億円)

インターネット広告 203百万リンギット(約70億円)

 

 

 

ZALORAの割引チケットをスーパーのレジで発見

 

 

 

こんばんは。

先日クアラルンプールのスーパーマーケットで買い物をしたら、レジのカウンターで発見しました。

2015-10-08 17.04.44

 

そういえば、忘れているのでなければ、日本でECサイトの宣伝をオフラインの店舗で

しているのって、あまり記憶にありませんでした。

 

(当然、自社ECの宣伝を自社直営店で、というのは、ユニクロ、無印を始めとして皆さんやられていますが、ネット専業のECサイトの宣伝を、他社のオフライン店舗で告知するのは、意外と多くないかも。)

 

Eコマースの普及率が低い地域で、ECサイトの告知をこのようにオフラインでするのは、効果的かもしれないですね。

 

 

 

東南アジアの大手ECサイトの送料、配送日数から見る市場ステイタス

 

東南アジアを代表するECサイトZALORA(ファッション、拠点マレーシア、年商185億円)と、LAZADA(オールジャンル、拠点シンガポール、年商461億円)の送料と配送日数を一覧にしてみました。

(※この記事は全て金額の単位は全て日本円に換算しています。)

 

 

ZALORA(ファッション、拠点マレーシア、年商185億円)

zalora

zalora送料グラフ

zalora送料一覧表

 

LAZADA(オールジャンル、拠点シンガポール、年商461億円)

lazadaキャプチャー

LAZADA送料グラフ

LAZADA送料一覧表

 

両サイトとも、送料設定においては、特にシンガポールとクアラルンプルでは、ECの普及が非常に進んでいる東京の水準と比較しても遜色なく、むしろ送料の安さでは一層ハードルが低い設定になっています。交通にかかるコストが低いクアラルンプル(マレーシア)では、1件あたり100円~200円というのは妥当な相場といえますが、物価が非常に高いシンガポールにおいて、210円~330円というのは、非常に競争力のある設定だと考えます。

 

配送日数については、シンガポールとクアラルンプルでも1~4営業日とばらつきがあり、送料設定以上に、ECサイトの実力による差が大きく出ているようです。

この点(配送日数)については、日本において、大抵の商品が注文したら翌日、場合によっては当日に届くという状況にまでなっている現状とは、差がまだあります。

 

また、バンコクとジャカルタでは、場合によっては1ヶ月以上かかる、という記載も商品個別には見受けられることから、日常的にあらゆる商品をネットで購入する、という状況までは、まだ少し(数年)は時間が掛かりそうな印象を持ちました。

 

以上の状況と、現地(特にマレーシア)で滞在している感覚と足しあわせて、既に日本並にあるいはそれ以上にECが普及しているシンガポールを除く東南アジアの以下3カ国のEC市場のステイタスは、以下くらいではないかと考えます。

 

マレーシア (この1,2年でECの普及が急速に進む、日本の2005,6年位)

 ↓

タイ (この3~5年でECの普及が急速に進む、日本の2002,3年位)

 ↓

インドネシア (この3~7年でECの普及が急速に進む、日本の2001,2年位)

 

※中盤までデータ中心に来ながら、最後は感覚的にエイっとまとめました。・・・汗

 

 

 

クアラルンプールのコワーキングスペース 5選

 

先日クアラルンプールに出張に行ってきた際に、コワーキングスペースを調べました。

日本語で比較できるサイトがなかったので、自分が調べたものの中から気になっているものをピックアップして、簡単ですが、ご紹介します。

 

[その1]  Paper+Toast  ( http://paperandtoast.com/ )

Bukit bintangという繁華街(銀座、表参道のようなイメージ)にある非常に便利な立地と綺麗な内容が魅力的です。

実際に行ってみましたが、便利な場所にある一方、ちょっと事務的な感じの場所で現地の人との

交流が生まれるような場所ではなかったでした。一人で黙々と作業をするにはお勧めです。

paperntoast0009

PAPER + TOAST | A-0-5 One Residency | 1 Jalan Nagasari
50200 Kuala Lumpur | Malaysia

 

 

[その2]  THE NEST ( http://nest.mgvd.co/ )

ここはまさにスタートアップベンチャーと知り合いになれそうな交流型(おそらく)コワーキングスペース。

車がないと行けない場所にあります。(クアラルンプールは車で移動することが前提)

ダマンサラ・ハイツという高級住宅地にあります。次回は行ってみたいと思います。

nest_logo

Address: 7 Jalan Derumun
Damansara Heights
50490 Kuala Lumpur

 

 

[その3] NOOK ( http://nook.my/ )

ここはバンサーというやや郊外、外国人が多く、おしゃれな街にあります。雰囲気なThe Nestに似ていますが、The Nestよりも電車と徒歩でたどりつきやすい場所にあります。

 

Screen-Shot-2014-01-16-at-15.13.16

9, Jalan Riong, Off Jalan Maarof

Bangsar, 59100 Kuala Lumpur

 

 

[その4] MAKE SPACE ( http://www.makespace.my/ )

ここは、ものづくり系のスタートアップベンチャーのワークショップなどが開催されているようで、興味のある方にはとても素敵な場所なのではないかと思います。

makespace

Quill City Shopping Mall, Lg16, 1018, Jalan Sultan Ismail,

50250, Kuala Lumpur.

 

 

[その5] SENTRO ( http://sentro.asia/ )

KLセントラルという、クアラルンプール国際空港からクララルンプールに入る玄関口にあたる便利な場所にあります。

ここは日本人の方が経営されているクアラルンプールで唯一のコワーキングスペースだそうです。

pic_space

ここにも次回行ってみようと思います。

Level 32, Menara Allianz Sentral, 203 Jalan Tun sambanthan,
Kuala Lumpur Sentral, 50470 Kuala Lumpur

 

ページトップへ
メディア掲載実績