新着情報

新着記事一覧

  • 2024.06.06
    コンサルタント

    6 Best Digital Marketing Agencies in Japan

    Comparison Table of the Top 6 Digital Marketing Agencies in Japan#T_78a0e_ thead th { background-color: #ADD8E6; } #T_78a0e_ th, #T_78a0e_ td { border: 1px solid #A9A9A9; /* 濃い目のグレー */ } /* 追加するスタイル */ .table-container { overflow-x: auto; /* 横スクロールを有効にする */ width: 100%; /* コンテナの幅を100%にする */ } table { width: 100%; /* 表の幅を100%にする */ border-collapse: collapse; /* 境界線を結合する */ } th, td { word-wrap: break-word; /* 単語の折り返しを有効にする */ vertical-align: top; /* セルの上部に揃える */ padding: 8px; /* セル内の余白を設定する */ } EC Marketing ZODIGITAL Dentsu Digital Wunderman Thompson Irep Le Grand Clients Estée Lauder, Pioneer, CLINIQUE, Levi's, Lands' End, Disney Berlitz, Hubspot, Paitful Microsoft, Toyota, Sony Confidential Adidas, Audi, L'Oréal, Farfetch, AXA Direct, Dell Zurich Insurance, Triumph International Strengths Bilingual staff with experience in Japanese and English markets; comprehensive services from research to UI/UX. Founded by Jeff, an expert since 2004; ideal for small to medium projects. Largest ad agency in Japan; best for large branding projects. Global marketing expertise; ideal for large-scale strategies. Representative of Japan’s digital agencies; handles global clients. Early pioneers in Japan’s search engine marketing; high bilingual staff. Weaknesses Small team; average knowledge of Rakuten Mall and Amazon. Small team may struggle with large projects. Smaller budgets may not secure top teams; focus on mass media. Not suited for small to medium digital projects; weaker in Japanese market. Large company may use less experienced staff for smaller projects; limited bilingual staff. Small team; availability needs confirmation. Budget Starting from tens of thousands of yen, average in hundreds of thousands of yen. Starting from tens of thousands of yen, average in hundreds of thousands of yen. Projects start from several million yen. Projects start from several million yen. Fees range from several hundred thousand to several million yen. Fees range from several hundred thousand to several million yen.History and Features of Digital Marketing in JapanThe history of digital marketing in Japan is closely tied to the evolution of technology both domestically and internationally. In the late 1990s, commercial internet usage began in Japan, and by the 2000s, platforms like Yahoo! JAPAN and Rakuten became highly popular among Japanese consumers. Notably, Japan led the world in mobile internet services, with NTT DoCoMo's i-mode service becoming a unique platform until the introduction of the iPhone in 2007 shifted the focus to US-led platforms. Early Japanese mobile phones, known as Galápagos phones, were distinct from the global standards set by the iPhone and Android.Email marketing also saw early and extensive adoption in Japan, with a significant market for email advertisements. However, these services eventually declined as global platforms took over in the 2010s.Social media in Japan followed a unique trajectory until the Japanese versions of Twitter (2006) and Facebook (2008) emerged. Before that, forums like 2ch and platforms like GREE facilitated advanced consumer-business interactions. Again, the 2010s marked a shift to US-led international platforms.Japan’s digital marketing has evolved with a strong mobile-first approach, leading to unique developments like QR codes and mobile payments. When planning digital marketing strategies in Japan, it is crucial to consider these unique aspects.Four Key Points for Implementing Digital Marketing in JapanImportance of Organic Search and Yahoo: Understand the significant presence of Yahoo in Japan’s search engine market.Value of Proprietary Domain Sites: Recognize the importance of maintaining unique domain websites.Influence of Comparison and Affiliate Sites: Utilize platforms like My Best and affiliate services like A8.net.Impactful Review Management: Prioritize managing reviews on platforms like Google My Business, Kakaku.com, and Tabelog.Six Criteria for Selecting a Digital Marketing Agency in JapanSelecting a digital marketing agency in Japan involves considering several key factors. Given the highly personalized nature of digital marketing services, it’s essential to assess the experience of the assigned project manager. Often, there is a discrepancy between sales proficiency and actual execution capability within agencies. Therefore, avoid being swayed by impressive presentations alone and evaluate the project manager’s experience and track record.Criteria:Business Model: Determine if the agency primarily focuses on tool sales with consulting as a secondary service, or if consulting is their main offering.Materials Used for Deliverables: Assess the ratio of templates to custom content in their deliverables; larger companies often rely heavily on templates.Quality and Quantity of Deliverables: Check if the deliverables include detailed action plans and the volume of the provided material.Project Manager’s Track Record: Verify the experience and expertise of the main project manager assigned to your project.Manager’s Understanding of Your Industry: Ensure the project manager has a deep understanding of your industry and products.Customer Perspective: Confirm if the project manager can balance both user perspectives and corporate needs.Recommended Digital Marketing Agencies in JapanEC MarketingClients: Estée Lauder, Pioneer, CLINIQUE, Levi's, Lands' End, DisneyStrengths: Bilingual staff with extensive experience in both Japanese and English markets. Offers comprehensive services from market research to UI/UX improvements.Weaknesses: Limited capacity due to a small team; average knowledge of Rakuten Mall and Amazon.Budget: Starting from tens of thousands of yen, with average project fees in the hundreds of thousands of yen.Contact UsZODIGITALClients: Berlitz, Hubspot, PaitfulStrengths: Founded by Jeff, an expert with experience since 2004. Ideal for small to medium-sized projects or initial testing phases.Weaknesses: Small team may struggle with large-scale projects.Budget: Estimated starting from tens of thousands of yen, with average project fees in the hundreds of thousands of yen.Dentsu DigitalClients: Microsoft, Toyota, SonyStrengths: Largest advertising agency in Japan, best for large-scale branding projects.Weaknesses: Smaller budgets may not secure the best teams; focuses more on mass media promotions.Budget: Projects start from several million yen.Wunderman ThompsonClients: ConfidentialStrengths: Long history with global marketing expertise; ideal for large-scale, integrated global marketing strategies.Weaknesses: Not suited for small to medium-sized digital marketing projects; relatively weaker knowledge of the Japanese market.Budget: Projects start from several million yen.IrepClients: Adidas, Audi, L'Oréal, Farfetch, AXA Direct, DellStrengths: Representative of Japan’s digital marketing agencies; notable for handling global clients.Weaknesses: Large company size may result in less experienced staff for smaller projects; limited bilingual staff.Budget: Project fees range from several hundred thousand to several million yen.Le GrandClients: Zurich Insurance, Triumph InternationalStrengths: Founded by members involved in the early stages of Japan’s search engine marketing; high proportion of bilingual staff.Weaknesses: Small team requires confirmation of availability.Budget: Project fees range from several hundred thousand to several million yen.ConclusionIt's essential to recognize that digital marketing relies heavily on the experience of individual team members. This is especially true in Japan, where there is often a discrepancy between companies with strong sales skills and those with robust execution capabilities. Don’t be swayed by impressive presentations alone; it is crucial to evaluate whether the team has actual project experience. We hope this article helps you choose the best partner for your digital marketing efforts in the Japanese market.Contact UsAuthor IntroductionChief Consultant of EC&Marketing Inc : Hajime ItoHajime Ito has 24 years of experience in digital marketing in Japan, with living and business experience in Malaysia and the United States. He has been involved in digital marketing since 2000, supporting web marketing for major companies. Before Google Analytics, he reported on server log analyses in 2002 and managed web ads before Google AdWords. Recognizing the importance of site usability in 2006, he implemented Jakob Nielsen's insights to improve conversion rates. He organized the "Conversion Up Summit" in 2006 and has since contributed to 800 usability improvement projects.

  • 効果検証・リライト コンテンツマーケティング 改善
    2024.05.07
    WEB制作

    【WEB担当者向け】コンテンツマーケティングで成果を出す改善方法

    コーポレートサイト、ECサイト等で記事コンテンツを更新し続けていると、次第に公開して時間が経った記事のリライトなどの改善施策が視野に入ってくると思います。コンテンツマーケティングは作ったコンテンツが情報資産となるのがメリットですが、定期的に内容を更新していかなくては価値が下がってしまいます。コンテンツの価値を保ち、効率よく成果を出すための改善方法をチェックしておきましょう。1.コンテンツマーケティングを改善する3ステップコンテンツマーケティングの最適解は一定ではなく、取り扱うコンテンツの状況やユーザのニーズによって常に変化していきます。定期的なコンテンツのチェックを行い、コンテンツの鮮度を保つことが非常に重要です。具体的に以下の段階を踏むことで明確に改善施策を進められます。ここではコンテンツSEOの改善を前提として施策の進め方を解説しますが、他のコンテンツ改善を行う場合も基本的な手順は同じです。①現状分析をするコンテンツマーケティングによって効果が出た部分、出ていない部分とその原因を洗い出します。公開後に「どのような成果が得られたのか」「成果につながった理由」などを分析し、改善していくことで継続的な成果に期待できるでしょう。コンテンツのアクセス数訪問者の性質ゴールや目標との差異など、具体的な指標で分析するのがおすすめです。②改善の方針を決める②-1 目的の設定改善によって達成したい具体的な目標を明確にします。①で分析した際に用いた指標から目標を設定するとよいでしょう。改善施策のスケジュールを踏まえて期限も設定します。(例)6か月後までに月間UU数 10,000→15,000にアップ②-2 データの収集(棚卸し)Excelやスプレッドシートなどの表ソフトを使って全コンテンツのリストを作成します。上記は実際に当サイトで使用した記事リストの一部です。WordPressのプラグインで記事リストを出力したあと、記事の情報を追加で入力していきます。ちなみに、このようなコンテンツの洗い出し作業を「棚卸し」と言います。リスト内に入れるべき項目としては、最低限「投稿日」「タイトル」「URL」「カテゴリ」「タグ」を入れておきましょう。WordPressであればプラグインの設定で自動出力が可能です。その他、記事の特性によって項目を追加していきます。SEO記事の場合は「想定検索ワード」「検索順位」「記事内リンク」などをリストに入れておくとリライト時の参考になります。また、法律や医療など信頼性担保の為に更新が必要な要素がある場合、市況や統計データなど定期的に更新すべき要素がある場合は特記する欄を作っておきましょう。棚卸しを視野に入れて普段から記事リストを更新するのもおすすめです。②-2 評価基準の設定改善すべきコンテンツを見定めるため、評価基準を設定します。コンテンツの正確性、関連性、ユーザーエンゲージメントなどを基準にするとよいでしょう。また、改善が必要なコンテンツの重要度も評価基準の一つにすると便利です。可能であればGoogleアナリティクスやサーチコンソールでの分析結果も利用しましょう。(例)サーチコンソールでの表示回数は多いがCTRが低い記事をピックアップ など②-3 コンテンツの分析収集したデータと設定した評価基準に基づき、各コンテンツを分析します。シートを見ながら改善が必要なコンテンツの優先度を決めましょう。多少の手直しで済みそうなコンテンツ、早急な改善が必要な重要コンテンツは優先度を上げて、どこから取り掛かるかおおよその目安をつけやすくしておくのがポイントです。③改善の施策を決める分析結果から改善策や新たなコンテンツ戦略を策定します。2.コンテンツマーケティング改善の具体的な戦略・施策コンテンツの分析ができたら、次は改善のための具体的な施策を練ります。記事によって改善の方向性が異なる場合や別記事で書き直した方が良い場合もあるので、改善ポイントをしっかり見極めて戦略を設計するのが大切です。コンテンツの専門性・信頼性を上げるコンバージョンに結び付くコンテンツを提供するにはユーザに合った最新の情報を提供する必要があります。元々顧客ニーズに適していない内容の記事や、コンテンツ内の情報が古い記事はコンテンツの調整を行いましょう。情報が古い記事はリライトを行うのが一般的ですが、以前のコンテンツはそのままにして新しい記事を作った方が早いこともあります。その場合は基本的に過去の記事をわざわざ削除する必要はありませんが、法律や医療に関する記事など情報の古さが信頼性に大きな悪影響を及ぼす記事は取り下げてください。誤った情報をそのまま放置した場合、サイト全体が検索エンジンのペナルティ対象になってしまう可能性があります。コンテンツSEO向け:キーワードに適したコンテンツにする検索順位が上がらない記事コンテンツは検索ニーズに寄り添った内容になっていない可能性があります。キーワードによって対象となるユーザは異なるので、コンバージョンにつながらない記事はペルソナの洗い出しからやり直してみるのも一つの手です。優先度が高いのは自社サイトのニーズに近い記事。比較・おすすめ記事などコンバージョンしやすい内容のコンテンツから更新していくのがポイントです。リライトすべきか迷う記事はまずタイトルを変えてみるリライトしたり新しく記事を書いたりするのは手間がかかりますが、手っ取り早くタイトルを変えるだけでもGoogle検索の評価が上がることも意外とあります。特に検索上位にあるのにクリック率が低い記事はタイトルが原因でクリックされていないのかもしれません。コストのかからない箇所から修正して徐々に施策の範囲を広げていきましょう。新しいコンテンツの制作リライトを行うのも重要な改善施策の一つですが、分析していくうちに既存のコンテンツだけでは届かないターゲット層が見えてくることもあります。など、新しいコンテンツの制作によってこれまでの施策では得られなかった見込み顧客の獲得を狙いましょう。一から新しい記事を作成するだけでなく、ウェビナーの内容を小分けにして記事コンテンツ化するなどのアプローチも考えられます。既存コンテンツの改良であれば新規にコンテンツを作るよりもコストを抑えることができます。可能な限り取り入れていきましょう。Webサイトの改良Webサイト全体のCVR(コンバージョン率)が低いなど、Webサイト全体の構造に問題がある場合は中身のコンテンツだけではなくサイトそのものを改良するのも重要です。サイトの内部構造やユーザビリティの改善は業務の範囲上マーケティング担当の知見だけでは手に負えないケースも多いので、必要であれば外注などの選択肢も視野に入れることをおすすめします。表示スピード改善Webサイトの場合、掲載している画像の容量が大きく表示速度が遅いと離脱率が上昇します。画像の軽量化などで表示スピードを改善しましょう。→表示スピードの改善についてはこちらSEO内部対策の強化カテゴリ構造などサイト内の仕組みを変えるだけで表示順位が上がることも多いので、SEO対策としては必須の施策です。検索エンジンに評価されやすいサイトになっているか定期的にチェックするようにしましょう。ユーザビリティ改善問い合わせボタンが分かりにくい、スマホデザインに対応していない、などユーザ視点に立てていないデザインがサイトの回遊性を阻害している可能性があります。ユーザビリティ改善を行うことで、ユーザにとって快適で見やすいサイトになるでしょう。3.コンテンツマーケティングを改善するときの注意点ここまでコンテンツマーケティングの改善に必要な施策を具体的に解説してきました。ざっと並べ立てると一見誰でも簡単にできるように感じられますが、実際に効果が表れる改善を行うにはいくつか注意点を押さえておく必要があります。ユーザの視点を大切にするコンテンツマーケティングの最終目標は自社の売上を上げること。マーケティングを意識しすぎてつい自社の売り込みばかりを考えてしまいがちですが、常に顧客の視点を忘れずに施策を組み立てることが重要です。検索順位を上げるにしろ売り上げを伸ばすにしろ、コンテンツマーケティングで成果を出すにはニーズや期待に合致した情報を適切な方法で提供する姿勢が大切だと言えるでしょう。コンテンツSEOの場合キーワードに合致した記事を作ることはもちろん重要ですが、それ以前にコンバージョンしてほしいお客さんに興味を持ってもらわなければなりません。適切なキーワードを選び、ニーズに寄り添った記事を書けるよう意識するとよいでしょう。弊社マーケターが観測した実録残念事例はこちらから: そのコンテンツSEO効果ある?【泣ける】残念なコンテンツSEO事例※ノンフィクションツールによる分析と人による分析、両方を活用するGoogleアナリティクスなどの分析ツールを適切な場面で利用するスキルはもちろん、データだけでは推し量れないニーズを考慮した分析を行う力も同じくらい大切になります。マーケティングの知識を持った担当者がニーズに寄り添ってコンテンツ分析を行い、改善策を決めていきましょう。短期的な成果を求めないコンテンツマーケティングはすぐに成果が出るものではありません。公開から1週間、1ヶ月と経ってもアクセス数が伸びないと焦りが出てしまうのも分かりますが、すぐに改善の施策を打つ必要はありません。頻繁な更新によって生じる人的コストの浪費とGoogle評価に与える悪影響のリスクを考えると、最低でも数ヶ月は修正せずデータを蓄積すべきです。半年~数年単位で期間を置いてどの程度成果が現れたのか計測し、改善の手立てを考えるようにしましょう。4.まとめコンテンツマーケティングの改善にはニーズを踏まえた分析が必要です。顧客の興味に沿ったコンテンツを提供できるよう修正を行っていくことで、より成果の出るサイトに近づくことでしょう。弊社のコンテンツマネジメントでは、必要に応じて棚卸しやリライトのご要望にもお応えします。自社で手が回りきっていない、コンテンツマーケティングの知識がある会社に頼みたいという会社様はぜひご検討ください。

  • あなたの企業は導入済み?脆弱性診断
    2024.05.07
    WEB制作

    脆弱性診断は必要?やり方や費用の相場を詳細解説

    Webサイトのセキュリティを強化するうえで不可欠になりつつある脆弱性診断。セキュリティ意識の強い企業は既に定期的な診断を行っています。現状のセキュリティ対策に危機感を覚え、社内で脆弱性診断を導入すべきか悩んでいる担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?信頼性のある脆弱性診断を行うにはサイバーセキュリティへの知見を有したエンジニアの存在が不可欠であり、ツールを用いた簡易的な診断であっても一定のスキルが必要です。今回の記事では脆弱性診断を導入すべきか迷っている方向けに、基礎的な情報を解説します。1.脆弱性診断とはシステムやネットワークのセキュリティ状況を評価する診断を脆弱性診断と呼びます。同じような言葉として「セキュリティ診断」という単語がありますが、サイバーセキュリティにおいてはほぼ同義に扱われます。外部・内部から脆弱性を発見し、攻撃者からの悪意ある攻撃や情報漏えい事故などのリスクを未然に防ぐのが脆弱性診断の主な目的です。ウイルス対策の実施やOSやアプリケーションのバージョンアップなど基本的な対策の次に必要とされるサイバー攻撃への防御策で、比較的安価・短時間で行える施策の一つだと言えるでしょう。脆弱性とはそもそも脆弱性とは、インターネットに接続するデバイスやソフトウェアに生じるセキュリティ上の欠陥のこと。「セキュリティホール」とも呼びます。脆弱性そのものに害があるわけではありませんが、プログラムの設定ミスなどが原因となって脆弱性が発生すると、悪意を持った人物からサイバー攻撃を受けるリスクが高まります。2.脆弱性診断の目的・必要性軽く先述しましたが、脆弱性診断の目的はシステムへの侵害につながる可能性を有する脆弱性の特定とランク付け、レポーティングです。脆弱性のカテゴリや危険性、すなわち対策の重要度をランク付けし、セキュリティホールをふさぐ適切な施策を講じるために必要不可欠な定期健診のようなものです。特に企業サイトでは脆弱性診断を定期的に行い、安全なWebサイト、Webアプリケーションを提供することが重要視される傾向にあります。脆弱性診断の必要性は高まっている個人情報など経済的価値の高い情報の詐取はもちろんのこと、Webサイトの改ざんを目的としたハッキングなど、サイバー攻撃の手法は年々多様化しています。悪質な手口に対応すべく、より複雑かつ多面的な方法で脆弱性診断を行う必要性は高まり続けていると言えるでしょう。また、近年では短期間のうちに何度もアップデートを行うWebサービスが多く、導入側の企業でセキュリティ面の対応が追い付かないまま放置される事例が増えています。代表的なのはWordPressなどのオープンソースCMSを利用している企業がプラグイン等の脆弱性を突かれて攻撃を受けるケース。弊社のアンケート調査では、WordPressを使ってサイトを運用している企業のうち半数以上がサイバー攻撃の被害を受けた経験があると回答しています。→アンケート結果の詳細はこちらからセキュリティ意識の向上から、企業間でのやり取りでも脆弱性診断を含むセキュリティ対策を事前に確認して取引企業の選定基準に加えるケースも増えています。実際に被害を受けるリスクを減らす目的だけでなく、企業の信頼性を担保するためにも脆弱性診断の必要性は高まり続けていると言えるでしょう。3.脆弱性診断のやり方・費用の相場脆弱性診断の方法は大きく分けて2種類、ツール診断とマニュアル(手動)診断があります。同じ脆弱性診断でもエンジニアが手動で診断作業を行うかどうかで予算・やり方が大きく変わってきます。なお、実際に脆弱性診断を行うにはサイバーセキュリティに関する専門知識を持ったエンジニアが必要です。ここでは脆弱性診断のやり方を簡略化してご説明します。ツール診断予算:無料~数十万円自動検知ツールなどを用いて、システム全体の脆弱性を診断する方法です。手動では膨大な時間や手間がかかる作業を短時間かつ低コストで実施できますが、網羅性にはやや欠けます。ツールの多くは操作が難しいため、使いこなすにはセキュリティに対する専門知識を持っていることが前提条件になります。網羅性を高めようとするほどツールの学習コストも高まるので、いきなり社内で導入するのはハードルが高いと言えるでしょう。クラウド型クラウド型はインターネットを用いて診断できるツールです。ソフトなどのインストールが必要なくネット上で完結するので誰でも手軽にできるのがメリットですが、クラウド型の診断範囲だけではリスクをカバーしきれません。本格的な対策を行うのであれば、別のツール・手動診断と併用すべきでしょう。ソフトウェア型自社のパソコンやサーバに診断ソフトをインストールするツール。オフライン環境でも利用でき、クラウド型より脆弱性診断の範囲は広がりますが、インストールや管理には相応の専門性が必要です。オープンソース型インターネット上に公開されているソースコードを利用した無料のソフトウェアを用いるのがオープンソース型。オープンソースという性質上カスタマイズ性が高く、無料で利用可能ですが、ソフト自体の安全性は担保されないので注意しましょう。また、通常のソフトウェア型と同じく専門的な知識が必要です。マニュアル(手動)診断予算:数万~数百万円(数万のサービスはツールと併用)セキュリティの専門家などに依頼し、人の手で脆弱性を診断します。検査項目の網羅性が高く、ツールでは認識しにくいタイプの脆弱性を発見できますが、診断を行うエンジニアのスキルによってサービスの質やコストにはばらつきが生じることもあるので事前の企業選びが大切になってきます。専門性の高いエンジニアが直接診断を行うので完全に手動で診断するなら最低でも数十万円はかかります。予算上難しければ一部ツールを使って診断する「ハイブリッド診断」を用いるとコストを抑えることができます。ツールを併用した単発の診断であれば無料になることもあります。リモート型インターネットに公開されているアプリケーション、公開セグメント上のサーバなどの脆弱性をチェックします。エンジニアが直接赴かなくても実施できるので後述のオンサイト診断と比較すると費用はやや抑えられます。オンサイト診断顧客のオフィスやデータセンターなどのネットワーク環境がある場所へ直接エンジニアが出向き、内部ネットワークから脆弱性を診断するのがオンサイト診断です。費用はかさみますが、その分非常に網羅性の高い診断が可能です。一般的なマニュアル診断のやり方・手順ツール型の利用方法はシステムによって大きく異なるので、参考までにマニュアル(手動)診断の一般的なやり方を解説します。①事前調査まず対象となるWebサイト・アプリケーションの調査を行います。②診断する範囲・方法を決定対象アプリケーションの特性などを踏まえて診断メニュー/診断項目を決定します。手動診断は予算感などを踏まえて診断の範囲を重要な機能のみに絞る、事前の審査結果に応じて範囲を拡大するなど、相談によって柔軟に診断の内容を変更できるのがメリットです。③診断専門家が実際に対象アプリケーションにアクセスし、攻撃者の視点に立って脆弱性の有無を検証します。対象となる画面遷移数によって期間は異なりますが、数日~長くて数ヶ月程度かかることもあります。④診断結果の報告検出された脆弱性の内容や重要度、対策の説明などがレポート形式で提供されます。4.脆弱性診断の種類脆弱性診断は診断を行う対象によって2種類に分けることができます。Webアプリケーション診断対象:Webアプリケーション、CMSなどサーバ上で稼働させるWebアプリケーションを対象として行う診断のこと。攻撃者の視点に立ち手動またはツールを使って、Webアプリケーションに潜む脆弱性を見つけるのが特徴。「外側から見る脆弱性診断」と捉えると分かりやすいですね。プラットフォーム診断対象:ミドルウェア、サーバなどOS/ミドルウェア等の内部システムに潜む脆弱性への対応状況などについて検査します。脆弱性を内側から発見するタイプの診断形式です。5.推奨される脆弱性診断の頻度脆弱性診断は一度やって終わりではなく、定期的に行ってセキュリティホールが生じていないかチェックすることが重要です。情報セキュリティを推進している独立行政法人IPA(情報処理推進機構)が公式に発表している脆弱性診断の推奨頻度※は以下の通り。プラットフォーム診断:少なくとも四半期(3ヶ月)に1回Webアプリケーション診断:新機能開発や追加やシステム改修を行ったタイミング何らかの手段で定期的に脆弱性診断を行うための仕組みづくりが大切です。6.まとめ脆弱性診断は企業サイトの安全性を守り、企業全体の信頼性を維持するために必要不可欠なものです。社内で正確な脆弱性診断を行うことも可能ですが、かなり専門性の高い知識を必要とするので、これからサービスを導入したいと考えている企業は外注を検討した方がコスト的には最適でしょう。弊社ではWordPressを利用している企業様向けに現在脆弱性診断(セキュリティ診断)を無料で行っています。保守サービスに興味のある担当者様はもちろん、少しだけ話を聞いてみたいという方も是非ご相談ください。IPA+「ECサイト構築・運用セキュリティガイドライン」

  • 2024.05.01
    検索エンジン最適化(SEO)

    【WEB担向け】検索順位を上げるSEO施策8選

    SEO(検索エンジン最適化)の主な目的はGoogleなどの検索エンジンでサイトが上位に表示されること。検索順位が上がればおのずと検索経由で流入するユーザ数が増えてきます。この記事では、WEB担当者向けに検索で順位を出すためのおすすめ施策をご紹介します。1.Googleが検索順位を決定する仕組みGoogleはクローラーと呼ばれるロボットを使ってありとあらゆるサイトを検知します。クローラーが検知したページの内容を取得することを「クローリング」と呼びます。また、クローリングしたサイトのデータがリポジトリ(データベース)に保存・分類されることを「インデックス」と呼びます。Googleの検索結果ページの左上にある件数表示を気にしたことはあるでしょうか?この数値が「インデックス数」です。例えば「Google 検索順位」で検索したときのインデックス数は約1380万件ですね。つまり、1380万ものページが「Google 検索順位」に関連していると認識されていることになります。インデックスしたサイトをGoogle独自の検索アルゴリズムに照らしあわせ、ユーザの検索したキーワードとの関連性が高い順で順位を決定します。そのため、どのような基準でGoogleがサイトを評価しているか知ることは非常に大切です。しかしアップデートによるアルゴリズムの大きな変更(1年に4回程度)で定期的に順位の変動が起こるため、現在の評価基準に左右され過ぎない対策が必要であるとも言えます。実際に弊社が携わっているコンテンツSEO記事や当サイトの記事も、アップデートがあるたびに順位が伸びたり落ちたりしています。ただし多数のページ・キーワードで一気に起こることはほとんどないので、一部で短期的な順位変動があったとしてもサイト全体のアクセス数や売上に大きな影響はないでしょう。基礎的なアルゴリズムの傾向を押さえておけば、高順位をキープすることはある程度可能です。アルゴリズムの傾向①E-E-A-TGoogleは各ページのコンテンツを評価するため、公式に4つの指標を基準にしていると明言しています。その4つの評価基準が「E-E-A-T」です。以下の指標を守るようコンテンツを制作すれば検索上位に上がりやすくなるでしょう。Experience(経験)Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)E-E-A-Tに関する詳しい情報や検索結果のクリック率を上げるための施策などは「【基本情報まとめ】検索流入を増やすための施策を解説」で紹介しています。気になる方はそちらもご参照ください。アルゴリズムの傾向②QDD「QDD」はSEOの専門家であるランド・フィッシュキンの「検索結果に多様性を持たせる意図のアルゴリズムがあるのではないか」という考察から導き出された名称です。こちらはGoogle公式が発表している概念ではありませんが、同じようなサイトがなるべく上位表示されないような仕組みになっていることは確かです。上位サイトの傾向を見て検索ニーズに合った要素を取り入れることも重要ですが、独自性の高い情報を含むよう意識すると非常に効果的です。2.検索順位を上げるSEO施策(基本編)前述したように、検索エンジンに評価されるようなサイト・コンテンツを制作するのが基本です。特に始めたてのサイトやアクセス数が伸びていないサイトはドメインパワーを上げるよう意識して運用しましょう。【ひとこと解説:ドメインパワーとは】文字通りドメインの力をあらわす単語。Googleは基本的にドメインで同一サイトか判断するので、同一ドメインのサイト内に信頼性の高いコンテンツが増えるとドメインそのものの力も上がってきます。ドメインパワーの強いサイトはGoogleから信頼性が高いと判断されるので、新しく上げた記事やコンテンツの検索順位も上がりやすくなります。ドメインパワーを高めるには以下のような施策を実施してみるとよいでしょう。内部対策サイトの内部構造を整えて、サイト全体の評価されやすさを底上げするのが内部対策です。・パンくずリストの設置・SSL化・表示速度高速化などが挙げられます。内部対策について詳しくはSEOの内部対策とは?基本的な対策ポイントを解説をご覧ください。外部対策サイト全体の評価を高めるには良質な被リンクを集めるのも有効な手立てです。ただし、関連性の低いサイトに引用する形で被リンクを増やすのは現在禁止となっているため、内部対策と比較すると施策の幅は狭まります。そもそも現在は外部対策なしでも検索上位を狙えるようになってきているので、Googleの評価比重は昔と比べてかなり下がっています。意図的に被リンクを獲得するよりも、中身を評価され有力なドメインからリンクされるよう戦略を練るのが最も効果的な施策です。リンクをつけさせるのではなく、つけてもらえるようなコンテンツを作ることに徹した方がよいでしょう。コンテンツSEOコンテンツSEOは検索ニーズに合った記事コンテンツを制作し、検索で上位を狙うマーケティング手法です。検索順位を上げるというとコンテンツSEOのレベルを高めることを想像する方も多いのではないでしょうか?既に検索上位に上がっているページがあるドメインは検索順位が上がりやすいので、自社サイトの検索順位を底上げしたい場合はまずコンテンツSEOを始めてみるのもよいでしょう。弊社のSEOコンサルティングでは、内部対策とコンテンツSEOを同時進行で行ってより効果を高める戦略を展開することも多いです。3.検索順位を上げるSEO施策(新規記事編)SEO施策としてまずおすすめするのは内部対策とコンテンツSEOですが、内部対策はエンジニア・制作領域との連携も必要になってくる部分ですので、ここでは深く触れません。(内部対策に関する基礎的な内容はこの記事で紹介しています)コンテンツSEOの施策は新しく記事を作る場合と既にある記事をリライトする場合があります。既に作ったコンテンツがある場合は手直しした方がコスト削減になる場合もあるので、一旦確認してみましょう。ユーザのニーズを調査するSEOにおいて常に重要視されるのはユーザの検索意図に合致した情報を提供しているかどうかです。例えば「チョコレート 新作」で調べる人は新作チョコレートの情報を欲しているでしょう。そのため新作のチョコレートが欲しいのはどんな性別・年齢層か、具体的にどんな種類のどのようなチョコレートの情報を提供すれば満足するか考える必要があります。商品を売る側からすれば自社の新作チョコレートのことだけ書きたいかもしれませんが、必要とあらば他社の情報や自社のチョコレートに関係ない情報を提供すべき場面も往々にしてあります。ミドルワード・テールワードから攻める検索ボリュームが大きいワードはその分ライバルも多くなります。チョコレートの例で言えば「抹茶 チョコレート 新作」など、本来のワードからさらに限定したミドルワード、テールワードで上位を目指すのが初期の戦略としては有効です。ミドル・テールワードで何度も上位を獲得すれば自然とビッグワードでの順位も上がってきます。キーワードを記事中に入れる狙いたいKWは必ずタイトルに入れましょう。見出し、文中にも可能な限り入れるのが理想ですが、不自然な入れ方にならないよう注意してください。内部リンクを設定する記事内に他記事へのリンクを設定することで、クローラーがサイト内部の関係性を認識しやすくなります。ただし、むやみに関係ない記事のリンクを貼ったりするとかえってペナルティの対象になる可能性もあります。サイトを訪れるユーザが不快に思わない程度に関連性の高いページ同士を結ぶ程度に留めましょう。4.検索順位を上げるSEO施策(既存記事編)既存記事をリライトすることで検索順位を上げるのも一つの手です。リライトすれば多くの場合新しく記事を書くより手間も減るので、有効活用していきましょう。リライトすべき記事を精査する単に順位が上がっていない記事をリライトすればいいわけではなく、「少しの手間で順位が変わりそう」な記事を優先的にリライトします。内容が足りない、全く的外れなことを書いている、など記事の中身を大幅に変えなければならない場合は同じキーワードで再度書き直した方が良いこともあるので、ケースバイケースで対応しましょう。特に優先的にリライトすべきなのは以下の条件を持った記事です。ペナルティを受けている情報が古いペナルティを受けている先述の通り、Googleのアルゴリズムはかなり頻繁にアップデートされます。例えばかなり前に制作した記事で外部から被リンクを買ったことがあるようなら、URLを変更すればペナルティが解除されて順位が上がるかもしれません。特に医療・健康系のサイトは2017年以降評価基準が厳しくなっています。誤った情報を掲載していないかチェックし、不適切な内容であれば応急処置として非公開にしましょう。(評価の低いページが複数あるとサイト全体の信頼度にも影響します)情報が古い利用しているデータや提供情報が古いサイトは順位が低くなりやすいです。先ほどの医療系サイトの話にも通ずることですが、YMYLジャンルに関わる情報の新鮮さには特に注意を払いましょう。ひとこと解説:YMYLジャンルYMYLとは「Your Money or Your Life」の略。つまり健康や医療、お金など生活にまつわるジャンルのこと。誤った情報を信用してしまった場合のリスクが特に大きいことから2017年から厳しい評価にかけられるようになりました。弊社で制作しているコンテンツでは記事に掲載している法律情報をまとめてリスト管理し、法改正に対応できるようにしています。Googleアップデートの情報を収集するGoogleの検索アルゴリズムは常に変化しているため、それまでずっと1位だった記事が急に100位以上落ちてしまうケースも珍しくありません。実際弊社が携わっている事例でも、ずっと検索上位を維持していたキーワードで順位が急落したり、逆に急に浮上したりすることもあります。アップデート情報を収集して最新のトレンドを確認するよう心がけましょう。5.まとめ検索順位を上げるには、Googleから高く評価されるようなサイト作りを進めていくことが大切です。コンテンツSEOのコンサルティングを提供している立場としては、「このキーワードで調べる人は何を知りたいのだろう」「どうすればもっと読みたいと思ってもらえるだろう」という視点を持つことが成果を出す近道だと考えています。もしSEO施策の立て方やリソース不足に悩んでいるようでしたら、ぜひ弊社にお問い合わせください。

  • 2024.04.18
    コンサルタント

    WEBマーケティング歴20年超の著者が選ぶ B2Bに強いWEBコンサルティング会社5選

    各種企業におけるB2Bの販売活動の主力が従来型の人的なルート営業から、ウェブでのリード獲得に移りつつ有ります。また、業界ごとのプラットフォームでの販売だけでなく、自社での商流を自社ホームページで構築しようとする企業が増えています。Webマーケティングに関する部分部分の個別ソリューションに特化したベンダーは数多く存在します。しかしその一方で業種・業態ごとに異なるビジネスモデルを理解し、自社独自のマーケティングチャネルの構築方針を提示・統合して、何をどのようにすべきか、方向性を提示し、かつ実務を牽引してくれる、ノウハウを持った実力のあるコンサルティング会社は限られています。この記事では、B2B マーケティングのマーケティング活動・リード獲得の実務において、具体的な改善策の提示、PDCAを回す業務をサポートしてくれるコンサルティング会社を、どのように見つけたら良いか、選定したらよいか、また選定の際のチェックリストはなにか、そしてWebly編集部おすすめのコンサルティング会社5選についてご紹介します。1.B2BのWEBマーケティングに強い、コンサルティング会社一覧社名ECマーケティング才流ベイジ船井総合研究所電通B2BイニシアティブNTTマーケティングアクト主な導入実績日本通運、住宅金融支援機構、ビューティガレージ、ダスキン、製造業某大手等日立製作所、オムロン、NTT、伊藤忠、サイボウズ、freee等サイボウズ、農林中金、才流、アイレップ等比較的地方の中堅から大手企業が中心パナソニック、ヤマハ、旭化成等官公庁、地方自治体、大手ホテルチェーン、電気・電力、製薬メーカーなど超大手メイン事業領域WEBマーケティングコンサル(SEO、サイトユーザビリティ等)B2Bに特化・新規事業立ち上げ・ビジネスモデル構築コンサルB2Bに特化ホームページ設計・製作経営コンサル業務(中小、中堅企業向け)広告代理業務コールセンター導入支援強み・向いている企業・中小、中堅規模のB2Bリード獲得に強み・実務伴走型プロジェクトのサポートに最適・B2B特化・0->1 コンサルの実績、ノウハウ体系・中規模以上の資金調達が必要な新規事業開発プロジェクト等に最適・B2Bに特化・WEB制作の派生事業としてコンサルサービスを提供・業種ごとに優秀なコンサル・戦略立案のフレームワークが豊富・大企業におけるB2Bマーケティング・マスメディアへの出稿を伴うブランディングを含めた大規模プロジェクトに最適・コンタクトセンターの導入支援がメイン事業・コンタクトセンターでのCRM施策を実施する会社向け弱み・向いていない企業・B2B特化ではない・ビジネスモデル構築、サイト制作が主眼である場合はマッチしない可能性あり・会社規模が比較的小さい・SEO、サイトユーザビリティには特化していない・既存事業のPDCA精度を高める伴走型プロジェクトにはマッチしない可能性あり・継続的な伴走型コンサルティングは費用対効果を高めるのが難しい・実務実行までのサポートが弱い・担当コンサルタントによって成果が変動する・中堅・中小規模のWebマーケティング実務には向いていない・コールセンター以外にボトルネックがある企業には向いていない2.B2B Webマーケティング活動(リード獲得及びECサイト)に必要な要素を知る1)自社のマーケティングチャネル全般に占める自社サイトの位置づけを定義する(3ステップ)まず、営業組織の業務フローを踏まえて、全体のマーケティングの中にどのように位置づけられるかを設計し、それを踏まえた、マーケティングサイトを構築し、かつ運営することが重要です。具体的には、以下の3ステップによって進めます。ステップ1 役割の定義Webマーケティングの有する役割の定義として、以下の項目を明確にします。全体のリード獲得のうちWebのインバウンドで「_割」のリードを獲得するのかWebのインバウンドリードとそれ以外の営業獲得リードの「役割の違い」をどのように位置づけるかリード獲得に許容できるコストは「__円」かステップ2 Web検索市場におけるポジショニング既存の競合プレイヤー(営業で接触する競合)と、Web上でリード獲得する際に比較対象となる競合を洗い出し、その競合に対するバリューポジションを明確にします。ステップ3 アジャスト上記ステップ2の検討を踏まえて、ステップ1で行った役割の定義をアジャストします。2)リード獲得あたりのコストとLTVをバランスさせる次に実際にマーケティングを走らせながら、以下指標について仮説→検証→修正を繰り返し、PDCAを走らせます。リード獲得件数と獲得コスト有効商談率新規契約からの顧客生涯価値3)業界別プラットフォームや展示会の活用と限界を知る上記1)2)については、自社ホームページでのリード獲得についての骨子になりますが、業界ごとにメジャーな集客用のプラットフォームがあります。それらはもちろん活用しながらも、最終的には自社のリードとして、CRM対策をしていくことが重要です。→CRMについては、別途『ツール提供だけではない、おすすめのCRMコンサル会社7選』を参照ください。4)MAツール等の活用と限界を知るMAツールの導入を検討する企業は多数見られますが、ツール導入自体がメインとなって、ツールの運用まで行き届かないケースが多いです。MAツールのツールベンダーは基本的にはツールの導入と解約を防ぐことが主眼なので、ツールを活用したアドバイスについては、あまり期待できないと考えておいた方がよいです。3.御社にあったWEBマーケティング・ECコンサル会社の選定方法(6つのチェックリストつき)担当者の経験に依存してしまう属人的要素が多いWEBマーケティング・ECコンサルの業者選定では、担当者の経験を見極めることが重要です。傾向として、営業が上手な会社と実務力が優れている会社が一致しない事が多いです。プレゼンが上手いかどうかに惑わされず、実際のプロジェクト経験があるかどうかを見極めて業者を選定されることを推奨します。以下のチェックリストに沿ってお選びください。会社のビジネスモデル:ツール販売でコンサルティングがサブであるか、コンサルティング自体がメインであるかを確認する納品に使用している資料:使っている資料におけるテンプレート/独自比率を見極める(一般的に実績豊富で大きな会社ほど、テンプレート比率が高まる)納品物の質と量:納品物において、方向性を提示するだけでなく、具体的なアクションを詳細な指示書レベルで提示されるかどうか、またその量はどのくらいかを見極める担当者の実績:プレゼンの担当者や会社の実績ではなく、プロジェクト開始後にアサインされるメイン担当者の実績、経験と得意分野を確認する担当者の能力:プロジェクト担当者が自分の業種や商品に対する理解を十分できそうか見極める担当者の目線:担当者が、ユーザー目線を持っているかどうか、ユーザー目線と企業のニーズを別の目線で区別して見ることができるかを見極める(両方必要)4.B2BのWEBマーケティング、ECサイトに強い、おすすめのコンサルティング会社5選【ECマーケティング株式会社】強み:業界経験が長く、かつ、コンサルティングに特化しているため、専門性が高い。B2Bに特化した2社、才流(新規事業におけるビジネスモデル構築がメイン)やベイジ(制作がメイン)と異なり、”Webマーケティング”がメインであるため、B2Bで特に重要なSEO対策やサイトユーザビリティ等における実務的なソリューション提供能力と実務における伴走力が高い。弱み:少数精鋭でありリストアップした他の5社と比較して会社規模が小さい。B2Bに特化している後述の才流やベイジなどと比較すると、ビジネスモデル構築やサイト制作が主眼である場合には、ベストな選択肢ではない可能性がある。【株式会社ベイジ】強み:B2Bに特化したWEB制作会社で、その派生事業としてコンサルティングサービスも提供している。弱み:メインが制作会社である点。伴走型のコンサルティングを必要とする場合、経験豊富なスタッフがアサインされ、かつ継続的なサポートを費用対効果の高い契約プランで受けることが難しい可能性がある。【株式会社才流(サイル)】強み:新規事業創出に関する0->1コンサルティングにおいて、多くの実績と充実したフレームワーク、ノウハウ体系を有する。中規模以上の資金調達を実行しシード期~アーリーステージにおけるスタートアップ企業あるいは、大企業の新規事業開発プロジェクト等に適している。弱み:新規事業創出等に強みを置いている一方で、Webマーケティングの実務上重要になるSEOやサイトユーザビリティに関するノウハウにおいては強みとしてアピールしていない。したがって、事業が既に立ち上がっているB2Bマーケティングにおいて、よりPDCA精度を高めるための改善サポートを伴走型で提供するというプロジェクトにおいては、アンマッチとなってしまう可能性がある。【株式会社船井総合研究所(船井総研)】強み:業種ごとに優秀なコンサルタントが在籍、戦略立案のフレームワークが豊富である。弱み:戦略提示中心であり、実務実行までのサポートが弱い。担当するコンサルタントによって成果が変動する。【電通B2Bイニシアティブ】強み:大企業におけるB2Bマーケティングでかつ、マスメディアへの出稿を伴うブランディングを含めた大規模プロジェクトに適している。弱み:中堅・中小規模の会社のWebマーケティング実務には向いていない。【NTTマーケティングアクト ProCX】強み:コンタクトセンターの導入支援がメイン事業であるため、コンタクトセンターの導入支援を中心にCRM施策を実施する会社に向いている。弱み:コンタクトセンターの導入支援がメイン事業であるため、コールセンター以外にボトルネックや改善ポイントがある企業には向いていない。5.最後にいかがでしたでしょうか?御社におけるB2Bマーケティングにお役立ていただけましたら幸いです。また、関連してこのような記事を作成してほしい、などご要望がありましたら、あるいは個別のプロジェクトについてご相談がありましたら、Webly編集部まで気軽にお問い合わせください。

  • 2024.04.10
    WEB広告

    【2024年最新】データフィード会社おすすめ4選を徹底比較

    ダイナミック広告の運用に欠かせないデータフィードですが、自社で作成・管理するのはハードルが高く、初めて導入する企業であればツールや管理システムの導入は不可欠です。フィードを提供しているサービスはいくつか存在します。各社で強みや特徴が異なるため、自社のリソースや担当者のスキルに合ったものを選べるよう基礎的な情報を押さえておきましょう。本記事ではデータフィード管理システムを比較し、フィードの仕組みについて簡単にお伝えしつつ、各社の違いを分かりやすく解説します。1.【比較表】データフィードを提供している企業社名ECマーケティングフィードフォースニフティライフスタイルユニヴァ・ジャイロンサービス名ECMフィードdfplus.ioDF PLUSDFOマネージャーDFOプレミアムGyro-n DFMツール/アウトソーシングアウトソーシング型ツール型アウトソーシング型ツール型アウトソーシング型ツール型初期費用5万円0円10万円~0円13万円~非公開最低月額4万円/1媒体3万円/2媒体5万円/1媒体3万円/3媒体7万円/1媒体非公開上限アイテム数10万点10万点不明3万点不明5万点特徴技術的な対応範囲が広く、修正対応が迅速アウトソーシング型としては低コスト直感的かつ多機能、使いやすいUIの管理画面連携できるECシステムが多いフィード先駆者としての豊富な実績とノウハウを生かした広告運用ツール導入までのサポートが豊富多言語サイトにも対応可能独自仕様のカスタムフィード生成クローリングのオプション代がかからない2.データフィード・データフィード管理システムとは?データフィードはWeb広告、特にダイナミック(動的)広告には欠かせない仕組みです。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、改めて基本情報を解説します。データフィードとは商品データなど広告の配信に必要なデータをプラットフォーム・媒体の形式に合わせて送信する仕組みを指します。各広告媒体に対応するデータを用意するには、本来広告運用への理解と柔軟性が必要です。いきなり何も知らない担当者がいきなり始められるものではなく業務上の負担も大きくなりがちですが、データフィード管理システムを活用することでフィード作成・メンテナンスの負担を大きく軽減できます。担当者の手間を減らすことで主要な業務に注力できるようになり、マーケティング全体の生産性アップにもつながるでしょう。代表的なデータフィード広告それぞれフィードの仕様や運用戦略が異なることも多いため、媒体ごとに特化した知識も必要になります。データフィード管理システムとは商品情報の収集やデータ加工などの処理を自動化し、一括で管理するためのシステムをデータフィード管理システムと呼びます。自社でフィード管理を行うための「ツール型」と外注で管理してもらう「アウトソーシング型」があります。ツール型ツール型は担当者自身がフィードの作成・運用を行うための管理画面を提供するサービスです。価格は比較的安めですが、一定の運用スキルが必要です。一定のフィード管理の知識があり、広告代理店を使わず社内で広告運用自体も行っている企業向け。担当自身が運用していればフィードの設定変更も直接行えるのは便利です。アウトソーシング型アウトソーシング型はデータフィードの作成・運用を委託し、初期設定やチューニング、運用開始後の変更設定まで全て任せるサービスです。社内にフィード作成スキルを持った担当者がいない、もしくは膨大な商品点数の情報管理や高度な処理が必要で運用に割くリソースが不足している企業向けです。フィード作成の作業を丸ごと任せられる分価格は比較的高くなりますが、導入のハードルは低く一定の予算があればどんな企業でも導入できるのがメリットです 。提供企業の得意分野によるところもありますが、ケーススタディが豊富な会社であれば動的広告の管理・運用に関して困った時にアドバイスを貰える点も心強いでしょう。3.データフィード管理システムを選ぶときのポイントデータフィード管理システム/ツールを提供するサービスはいくつかありますが、ホームページに載っている情報だけではなかなか判断がつきづらいものです。ツール型/アウトソーシング型まずはツール型とアウトソーシング型どちらを選ぶかが重要です。ツール型はフィード生成に関する専門的な知識がないマーケティング担当でも操作できるよう直感的なUIで作られています。コストを抑えて自社で完結させたい企業にはツール型がおすすめです。広告運用が初めての企業は、広告出稿までの工程をおおよそすべて任せられるアウトソーシング型の利用を推奨します。また、商品数が多いなどの理由でフィードの管理が難しい場合もアウトソーシング型を選ぶとよいでしょう。対応している媒体Google、Yahoo、Criteo、Meta(Facebook、Instagram)など主要な媒体はどの企業もカバーしていますが、希望する媒体によっては取り扱っていないこともあります。自社が取り入れたい広告を過去に取り扱った事例があるか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。事業形態に適したサポートがあるか特にツール型を利用する場合は、ツールが事業形態に適しているかが広告の効果に大きく表れます。例えばEC事業者は利用しているECシステムとの連携に対応しているか否かを確認しておくべきです。ECシステムと連携できていない状態からフィードを生成するのは難易度が高いため、思うように管理できない可能性があります。また、求人や不動産など特殊な検索エンジンに対応したフィードを作成する場合も、各業界の仕様に特化した機能があるか確認しておくことが大切です。アウトソーシング型の場合は事業形態に合ったフィードの作成を丸ごと任せられるので、基本的には気にしなくてよいでしょう。ただしフィードの質に影響してくる部分は少なからずあるため、自社の業種・業界に対する知見があるかどうかはチェックしておいた方が良いかもしれません。クローリングに対応しているかクローリングとは、ロボットがサイト上の情報を分析して自動で商品データを生成する仕組みのことです。効率的にフィードを生成するには欠かせない機能ですが、中には手動で商品データを入力する仕様のみでクローリングを導入していない企業もあります。特にアイテム数が多く、商品データの入力を手動で行うのが困難な場合はクローリングがあるかどうかでコストや時間が大幅に変わってきます。コスト面での条件意外とありがちなのが、月額の安さにつられて問い合わせてみたものの、いざ契約してみると後からオプションやトラブル、あとから変更を加えたい時に追加料金がかかってしまうケースです。先述したクローリングもオプションとして別料金がかかる企業も多いので、あらかじめ条件を確認しておきましょう。その他、オプション料金がかかりがちという意味で特に注意すべきなのはアイテム数上限と修正時の対応です。アイテム数上限例えばECサイトなら同じ商品でも色やデザインごとに異なるアイテムとみなし、不動産なら取り扱う物件がそれぞれ別アイテムとしてカウントされます。そのため、商材や規模によっては数万点のアイテムを取り扱う企業も少なくありません。データフィードを活用して運用するダイナミック(動的)広告は多様な種類の商品を登録することでユーザに合った広告を表示できるのがメリットですが、取り扱い点数が数万点規模になる場合は追加でオプション費用がかかることが多い傾向にあります。商品点数が多い場合は点数の上限が多い企業を選ぶとコストを抑えられるでしょう。修正時の対応主にアウトソーシング型を選ぶ場合は修正時の対応を調べておく必要があります。広告運用を続けていると、いずれサイトの改修や媒体側の仕様変更などにより、フィードに大幅な変更を加えることになります。その場合は追加でオプション料金がかかってしまうケースもあるので、あらかじめ修正対応をどのように行うかチェックしておくとよいでしょう。ツール型の場合は基本的に自社でフィードの修正を行うためオプション料金がかかったりすることはありません。しかし、担当者のスキルによってはツールを用いても適切に修正を反映させるのが難しい場合があります。自社のリソースで対応しうるか、サービス側でサポートがあるかは事前に確認しておくことをおすすめします。4.データフィードを提供しているおすすめ企業5選ツール型とアウトソーシング型どちらも提供している会社もあるので、サービスごとに分類してそれぞれ特徴やメリットをまとめました。ECマーケティングECMフィード(アウトソーシング型)クローリングの追加費用がかからない、アイテムの点数上限が10万点(超える場合は複数のクローラーを同時に走らせることで対応)と多く、コストを抑えた広告運用が可能なアウトソース型。リソース・予算を抑えつつ、広告で効果を出したい企業におすすめです。豊富な知見を有したエンジニアがさまざまな仕様のサイトに対応したフィードを作成するため、複雑な事情を抱えたサイトも追加費用ゼロでフレキシブルに対応しています。フィード修正の反映が即日~数日と迅速なのも大きな特徴。運用開始後の変更・調整など、細かいメンテナンスに対しても柔軟かつスピーディーに対応可能です。別途専門のマーケターによる広告運用も行っているので、広告運用自体のリソースがない企業にもおすすめ。フィードフォースdfplus.io(ツール型)2008年から展開しているフィード作成ツールの先駆け的なサービス。「管理画面のUIが直感的かつ多機能で使いやすい」と高い評価を受けているツール型の管理システムで、ツール利用の経験がない事業者に人気です。連携できるECシステムが多いので、フィード管理を内製化できるリソースがあるEC事業者や広告代理店におすすめです。ただしクローリングには対応していないので、その点には注意してください。DF PLUS(アウトソーシング型)フィード管理ツール先駆者としての豊富な実績とノウハウを生かしたサポートが強みです。各媒体とのつながりを生かして、担当者向けに定期的にフィード管理に関するセミナーなども開催しています。ただ、フィードフォースのメイン事業はツール型サービス(dfplus.io)の提供なので、こちらはあくまで一定の知見がある担当者向けにツール利用を支援するサービスと捉えたほうがよいでしょう。こちらもクローリングには対応していないので、あらかじめ商品データを作成する必要があります。ニフティライフスタイル株式会社(旧:コマースリンク)DFOマネージャー(ツール型)DFOマネージャーはツール型のサービスですが、初期設定代行オプションなどもあって「一部だけ代行してもらいたい」などの需要に柔軟に対応できます。最低金額は1媒体あたり1万円でクローリングはオプションで対応しているなどプランのカスタマイズが幅広いのですが、ややオプションでの追加料金が高い傾向にあります。DFOプレミアム(アウトソーシング型)データフィード作成から最適化、運用・管理までを全て任せられます。多言語サイトにも対応しており、独自仕様のカスタムデータフィードの構築ができるカスタマイズ性の高さが強みです。クローリングの追加料金もかからないのも大きなメリット。ユニヴァ・ジャイロンGyro-n DFMツール型だがデフォルトでクローリングに対応しており、商品データの管理を自動で行ってくれるのが大きな特徴で、各媒体に合わせた自動タグ生成が可能で複雑なタグのカスタマイズにも対応しています。また、求人/不動産/ホテルなど特殊な検索エンジンに特化したフィード生成ツールを提供しています。ツール型のサービスを利用したいけれど複雑な仕様に対応できるか不安という企業におすすめです。5.まとめデータフィード管理システムは大きくツール型・アウトソーシング型の2種類に分類されます。月額料金だけで比較するのではなく、クローリングの有無やアイテム数上限などサービスの内容も含めて検討することをおすすめします。自社のリソース、担当者のスキルに合わせて適切なサービスを選ぶとよいでしょう。

  • 2024.04.10
    CVR改善

    ユーザビリティ改善の分析4手法・改善における重要ポイントをプロが解説

    Webサイトのユーザビリティを改善したいと思い立っても、何から手を付けていいかわからない方も多いのはないでしょうか。 ユーザビリティを改善するには、まず、Webサイト上で何が問題となっているかを把握するために課題抽出から始める必要があります。 この記事では、ユーザビリティ改善に有効な4つのサイト分析方法をご紹介します。   1.ユーザビリティが高いサイトとは ユーザビリティは、一般的に「使い勝手のよさ」「使いやすさ」と訳されますが、代表的な定義にはwebユーザビリティの第一人者であるヤコブ・ニールセンの言葉があります。 ヤコブ・ニールセンはユーザビリティを決定する要素を次のように説明しています。学習しやすさ 効率性 覚えやすさ エラー発生率 使用満足度これらの項目をまとめて考えると、「目的を果たすために、ユーザーがストレスなく満足して利用できる」Webサイトがユーザビリティの高いWebサイトであると言えます。   2.ユーザビリティ改善のためのサイト分析方法 Webサイト上の課題を発見する分析方法やツールは数多くあります。まずは分析方法の種類を簡単にご紹介しておきましょう。 ヒューリスティック評価 ユーザビリティ分析のプロがノウハウや経験に基づいて、Webサイトを主観的に分析し、Webサイト上の課題を抽出する方法です。 アクセスログ解析 WebサイトにGoogleアナリティクスなどのアクセスログ解析ツールを導入してユーザーの行動を記録し、そのデータを解析して改善点をピックアップする分析方法です。 被験者によるユーザビリティテスト 数名の被験者に対象のWebサイトを利用してもらい、どの部分で操作に不便を感じているのかなどの課題をヒアリングしながら分析していく方法です。 ベンチマーク(競合)調査 競合他社や、異業種ではあっても規模や売上が同程度のサイトを選び、それらのWebサイトを比較しながら自社Webサイトの課題を分析する方法です。 アイトラッキングによる調査 アイトラッカーと呼ばれる特殊な機械を使って、人間の眼球の動きを追跡して、視線の動きから分析する方法です。 このようにユーザビリティを改善するための分析方法は数多くありますが、ECマーケティングでは、これからご紹介する4つの方法により、800サイト以上のユーザビリティ改善を実現しています。   3.ヒューリスティック評価 ヒューリスティック評価では、ユーザビリティ分析のプロのノウハウによりサイトを主観的に分析します。「ヒューリスティック評価」のメリットと、この方法でWebサイトを評価する際の注意点をご説明します。 ヒューリスティック評価のメリット ヒューリスティック評価でWebサイトを分析する最大の魅力は、短期間に、しかも低コストで評価できることです。また、プロが経験の基づき分析するため、幅広い範囲での分析・評価が可能なところです。 ヒューリスティック評価で注意するポイント ヒューリスティック評価は、チェック項目を決めていれば自社での取り組みも可能ですが、自社のWebサイトの場合は、どうしても主観的になやすく、課題点を見落とす可能性があるため、第三者に依頼する方が客観的な課題をピックアップできます。外部へ委託する場合は、分析者のリテラシーによって判断結果が左右されてしまうため、実績のある分析者かは確認が必要です。 また、Webサイトに来訪するユーザーやWebサイト改善の目的によってユーザビリティの善し悪しの基準が変わる可能性があるため、分析者と事前にすり合わせしておきましょう。   4.アクセスログ解析 Webサイトへのユーザーの利用状況を記録し、分析するアクセスログ解析にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 アクセスログ解析のメリットと、導入時の注意点を見ていきましょう。 アクセスログ解析のメリット アクセスログ解析は、ユーザーがWebサイトに訪問してからのユーザー動線を把握でき、さらにそれぞれのコンテンツが機能しているのかを数値で確認できます。 分析者の主観に左右されるヒューリスティック評価やベンチマーク評価とは異なり、判断の根拠となる数値があるためPDCAが回しやすく、Webサイト改善後に成果がでなくても原因を究明しやすいといったメリットもあります。 アクセスログ解析で注意するポイント アクセスログ解析は、アクセス数やユーザーの流入経路、見られているページなどの数値情報を入手できるため、ユーザビリティ改善だけでなく広告の効果測定やSEOなどにも活用できます。 そのなかからユーザビリティに特化して改善を行うためには、データを見極めてWebサイト上の問題点を抽出し、ユーザビリティ改善につなげるノウハウが必要になります。   5.被験者によるユーザビリティテスト 被験者によるユーザビリティテストは、被験者に対象のWebサイトを実際に訪問してもらい、どの部分で迷っているのかなどを抽出して分析する方法です。 被験者によるユーザビリティテストのメリットと注意ポイントをご紹介します。 被験者テストのメリット 被験者テストの最大の魅力は、ユーザーの生の声が聞けることです。 これまでにご紹介した方法では把握できなかったユーザーの意見を取り入れることができるため、他の分析方法で見つからなかった課題を見つけられる可能性があります。 被験者テストで注意するポイント 被験者テストを行うためには、実際のユーザーかペルソナに近い属性の人を探して採用するコスト、記録するカメラなどの機材の準備、シナリオの準備など、手間やコストがかかります。 また人がいると意見を言いにくい被験者もいるため、経験を積んだモデレーター(司会進行者)が緊張をほぐす雰囲気を作りながら、本音を聞けるように上手く誘導する必要もあります。   6.ベンチマーク評価 ベンチマーク評価は、競合他社や規模・売上が類似しているWebサイトをベンチマークサイトとして、自社サイトと比較しながら分析する方法です。ベンチマーク評価のメリットと注意するポイントを確認しましょう。 ベンチマーク評価のメリット ベンチマーク評価は、ヒューリスティック評価と同様に、分析者さえいればすぐにWebサイトを評価することができます。また、Web活用で成功している会社のWebサイトを分析することで、自社サイトに応用できるのも良いポイントです。 さらに同業種のサイトをベンチマークすることで、業界のトレンドを掴めたり、競合他社の傾向を掴んで差別化を行ったりできる点も、ベンチマーク評価の魅力でしょう。 ベンチマーク評価で注意するポイント ベンチマーク評価を採用するときの注意点は、ヒューリスティック評価と同様に、分析者の経験や知識レベルによってそのクオリティが異なることです。 あらかじめ評価軸を明確にし、判断結果が分析者の主観に偏りすぎないようにしておく必要があります。 また、同業他社のサイトだけをピックアップするとWebサイトが類似する可能性があるため、他業種かつ規模・売上が似ているWebサイトなどもベンチマークすることをおすすめします。   7.まとめ 「目的を果たすために、ユーザーがストレスなく満足して利用できること」というユーザビリティの定義を満たすWebサイトに改善するためには、まず現状を分析する必要があります。 分析方法にはさまざまな種類がありますが、ECマーケティングでは、ヒューリスティック評価、ベンチマーク評価、アクセスログ解析、被験者テストで、多くのユーザビリティを改善してきました。 分析方法ごとのメリットと注意点を事前に把握し、自社サイトに合う方法でユーザビリティ改善に活かしてみてください。  

  • 2024.04.10
    WEB制作

    コンテンツマーケティングのゴールはブランディング?注意点を押さえて売上アップ

    集客施策のひとつと考えられているコンテンツマーケティングですが、本来はユーザーを育成したりファン化したりするための施策です。 そのため、流入数や閲覧数を追うだけでなく、いかに自社の強みを押し出し、ブランディングするかがカギとなります。 この記事ではブランディングの定義と、コンテンツを通してブランディングを行う時の注意点を解説します。   1. そもそもブランディングとは? そもそも「ブランディング」とは何を意味するのか、ブランディングがもたらす効果と合わせて解説します。 ブランディングの定義 ブランディングとは、自社に対する顧客の愛着や信頼性を高め、ブランドを形作る戦略のことです。 このブランドとは、自社と他社を区別するために作り出した独自の概念のことを指します。ブランディングは「自社に対する確立した良いイメージを浸透させる活動」ともいえるでしょう。 例えば、多くの人は「アップル」と聞いたときに、リンゴではなくiPhoneを販売している企業のAppleを思い浮かべます。同様にLINEと聞くと、ほとんどの人が文字通りの「線」という意味ではなく、SNSツールであるLINEを想像するでしょう。 スマホならアップル、連絡ツールならLINEと、「○○なら××」と想起されれば、ブランディングに成功していると言えます。 ブランディングがもたらすプラス効果 ブランディングが成功すると、顧客の中でイメージが定着しているため、広報活動の予算を削減でき、安売りをしなくても済むようになります。また、他社との比較検討なしに購入に至るケースも多く、リピーターやファンになってもらいやすのも特徴です。 例えば、多くの人はROLEXの時計を高級品として認知し、ご褒美やプレゼントに購入する品物として思い浮かべます。しかし、実際にどういった特徴があり、他の時計と比較してどのように優れているのかを答えられる人は多くないでしょう。つまり、ブランドイメージは、「消費者がどう認知しているか」が重要だということです。 いくら企業側が「自社の製品は高品質です」とアピールしても、消費者に認知されなければプラスの効果は生み出されません。そのため、良いイメージを確立するためのブランディング戦略は、企業にとって非常に重要なのです。   2.コンテンツマーケティングはブランディングが前提 コンテンツマーケティングは、ユーザーに有益なコンテンツを配信し、ユーザーをナーチャリング(育成)し、ファンになってもらう、ひいては顧客になってもらうためのマーケティング手法です。 ファンになってもらうためには、コンテンツにより自社の特色や価値を押し出してブランドを確立しなければならないため、必然的にブランディングを行う必要がでてきます。 注意しなければならないのは、目先の数字にとらわれることです。セッション数や再訪率といった数値を優先して質より量を重視すると、ブランディングの成果が上がりにくくなるでしょう。   3.コンテンツマーケティングでブランディングを進めるときの3つの注意点 コンテンツマーケティングでブランディングを進めるときに、注意したい点を3つ紹介します。 ①.むやみにコンテンツを大量投下しない コンテンツマーケティングを実行するときに、とにかく自社のことを知ってもらおうと、安易にコンテンツを大量にアップするケースが見られます。しかし、いくらコンテンツを作成しても、質が伴わなければブランド価値を損なう原因になりかねません。 コンテンツを増やしていくことは大切ですが、無理のない頻度で定期的に更新することをおすすめします。 ②.ペルソナ設定を軸に行う ターゲットユーザーであるペルソナの設定を行うことも重要です。 誰にでも好かれるブランドは存在しません。漠然とターゲットを設定しあやふやなコンテンツを作成するよりも、きちんとペルソナを設定し、ペルソナに共感してもらえる情報を提供するようにしましょう。ペルソナ設定に関しては、『ペルソナ設定のやり方と注意したいポイント』で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。③.自社の持つ価値を明確化する ブランディングの基本は、自社の持つ強みや独自性を理解し、そこを伸ばすことです。 この独自性は、コンテンツマーケティングだけで考えるのではなく、自社サービス・商品など企業全体に目を向けて考えましょう。コンテンツから受けた印象が、企業イメージにつながることを十分に意識したうえで、コンテンツを制作するようにしてください。   4.まとめ コンテンツマーケティングを行うときには、最終的な目標を「集客」ではなく「ブランド認知」におくことが大切です。自社の強みや独自性を見極め、コンテンツでユーザーに伝えることでファン化を促すことが、最終的に売上へとつながります。 コンテンツによるブランディングを成功させるためには、ペルソナを明確に設定し、ユーザーの課題解決につながる有益なコンテンツを制作するようにしてください。コンテンツマーケティングに関する他の記事は、こちらからご覧になれます。

  • 2024.04.10
    WEB広告

    【基礎解説】WebPRとは?メリット・デメリットや配信方法、KPIの設定方法を解説

    「WebPR」は、Web広告やコンテンツSEOなどと比べて認知度が高くないものの、幅広い層に認知を拡大できる有効な施策のひとつです。マスメディアより勢いのあるWebメディアを活用するWebPRとは、一体どのようなものなのでしょうか?この記事では、WebPRの概要とメリット・デメリット、実際に行うときの流れや効果測定に使える指標まで、詳しく解説します。 1.WebPRとは?広告との違い WebPRとは、「Webメディアに自社商品・サービスなどの情報を掲載してもらうPR手法」を指す言葉です。従来、PRというとテレビや新聞、雑誌などのマスメディアにテレビ番組や記事として取り上げてもらうための手法が中心でしたが、デジタル化が進む今、WebPRの重要性は高まっています。2018年に内外切抜通信社が行った調査によると、ニュースサイトの媒体数は2018年時点で4,018サイト。2009年から約2.7倍に増加しています。一方、新聞・雑誌の発行部数は2018年で1億2,339万部と2009年から約0.8倍に減少しており、紙メディアよりもWebメディアの勢いが強いことがわかります。WebPRと似たアプローチ方法としてWeb広告があげられますが、Web広告は媒体の広告枠を購入するのに対し、WebPRは「PRしてもらえるような情報を流し、Webメディアが自主的に取り上げてくれる」ことがゴールになるため、全く異なる販促方法だといえるでしょう。 2.WebPRを実践する3つのメリット Webマーケティングを行う上で欠かせないWebPRですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。3つご紹介します。 最新情報を届けやすい 雑誌などの紙媒体と比べて、WebPRは最新の情報をすぐに拡散できることが強みです。例えば、イベント当日にレポートを作成してプレスリリースを配信すれば、当日にWebメディアに掲載されるといったケースもあります。新聞などの日刊紙を除くと、企画から公開まで数週間~1ヶ月以上かかる紙メディアと比べると、新鮮な情報を発信できる力は強いといえます。 拡散力がある スピーディーに情報発信ができるため、最新トレンドに敏感なユーザーによってSNSで拡散されることも期待できます。総務省の情報通信白書によると、2019年の国内SNS利用率は69.0%とされているため、影響力の高いインフルエンサーに取り上げてもらえば、自社の存在を知らなかった潜在層にまで広く情報を届けられるはずです。 信頼性が高い 当事者である企業が配信する広告より、第三者であるWebメディアが記事を掲載することで、その情報の信頼性が高まるメリットもあります。ITリテラシーの高いインターネット利用者が増え、敏感に広告を避けるユーザーも増加傾向にあるといわれています。Web広告は目先の効果が出やすいものの、出稿しすぎるとブランドイメージを損なう恐れも少なくありません。一方、WebPRはある程度の客観性が担保されており、ユーザーに与える安心感が大きいという特徴があります。広告・宣伝色を控えられ、ユーザーからの信頼を得やすいでしょう。 3.注意!WebPRの3つのデメリット WebPRには良い面ばかりある訳ではありません。WebPRを検討する際にチェックしておきたい3つのデメリットも確認しておきましょう。 掲載可否はメディアに決定権がある お金を支払えば必ず掲載される広告と違い、WebPRはメディア側がその商品やサービスを取り上げるかどうかの決定を持ちます。掲載されるか否かはメディア側の判断に委ねられるため、プレスリリースを配信しても掲載されない可能性もあります。そのため、WebPRは「メディアの関心を引くような内容」で「興味を持ってくれそうなメディア」に配信することが重要です。 掲載内容をコントロールできない アピールしたい内容をどのような文章で配信するかもメディア側に決定権があります。発信した情報をもとに編集、加筆して記事をアップするため、こちらが意図していない情報が配信される恐れもあるのです。掲載内容をコントロールできないため、意図が正しく伝わるようなプレスリリースを作成するようにしましょう。 取り下げや訂正は難しい 誤情報の発信や表記のミスなどもWebPRで気をつけるべきポイントです。間違った情報を発表し、すぐメディアに取り上げられると取り下げや訂正をすることは非常に困難です。信頼性を失いかねないので、事前にしっかりと原稿をチェックしましょう。 4.WebPR配信の基本的な流れとコツ ここからはWebPRを配信する際の基本的な流れとそれに伴うコツを紹介していきます。これからWebPRに取り組みたい方、興味のある方は参考にしてください。 ①.プレスリリースの作成 まずはタイトルとサブタイトルを決めます。タイトルはユーザー(=メディア)の興味を引くようなコピーを短く30字程度にまとめ、サブタイトルで具体的な数字などを用いるとよいでしょう。次に記載するリード文では「いつ・誰が・何をしたか」という結論をまず簡潔に記載し、記事を読む「価値」があることをしっかりアピールします。本文では、配信に至った経緯や背景、商品・サービスの特徴などをしっかりと紹介することがカギです。また、配信内容の具体的なイメージが湧きやすいように、目を引く画像を1〜2枚ほど入れておくのもポイントのひとつといえます。 ②.メディアリストの作成 プレスリリースが作成できたら、次にメディアリストを作成します。これはプレスリリースを配信するメディアをピックアップしたリストのことで、配信内容に興味を持って取り上げてくれそうなメディアを選択することがポイントです。ニュースリリースの内容に沿ったジャンルやカテゴリーを参考にして作成するとよいでしょう。 ③.プレスリリースの配信 最後にプレリリースを配信します。配信する際は大手ポータルサイトなどと提携している配信サービスを選ぶことをおすすめします。大手ポータルサイトなど閲覧者数が多いメディアと提携している配信サービスからプレスリリースを配信することで、より多くの掲載が見込め、商品やサービスの認知促進が実現します。 5.WebPRにおける効果測定の方法 配信した後は、効果測定も忘れずに行いましょう。最後に、WebPRの効果測定でよく用いられる4つの指標をご紹介します。 閲覧数・訪問者数 実際にどのくらいの注目度があったのかを知るために、まずは自社が出したWebPRの閲覧数(PV数)と訪問者数(UU数)を確認してみましょう。リリース直後だけでなく、数週間ほどの数値の変化を追うと、注目度の推移を知ることができます。 メディア掲載数・転載数 プレスリリースを掲載・転載したメディア数で、プレスリリースが認知拡大に貢献した度合いを計測できます。他にも、どんな媒体で露出したか、メディアのジャンルや傾向を把握しておくと次回配信時のメディアリストの作成で役に立つでしょう。 広告換算費 広告換算費とは、WebPRと同等の露出を広告で行った場合の費用の参考値のことで、コスト面で評価する際の指標になります。あくまでも費用対効果を掴む数値なので、プレリリースに対する評価ではない点に注意しましょう。 SNS拡散数 SNSでのいいね数、拡散数も非常に重要です。近年SNSで情報を集めている人も多く、ユーザーの反応・反響をリアルタイムで掴めるようになっています。素早く次の施策につなげるためにも、ぜひ確認しておきたい指標のひとつです。 6.まとめ WebPRとは、「Webメディアに自社商品・サービスなどの情報を紹介してもらい、その商品・サービス認知拡大を図る手法」のことで、紙メディアに比べてWebメディアの勢いが増す昨今、重要度の高いマーケティング手法として注目を集めています。WebPRはリリースした情報がメディアに取り上げられない可能性もありますが、情報をリアルタイムで届けられること、拡散力が強いこと、広告より信頼性が高いことなどのメリットがあります。リリースを配信した後は、閲覧数・訪問者数、メディア掲載数・転載数、広告換算費、SNS拡散数などの指標を用いて効果測定を行い、次回以降のWebPRに役立てましょう。

  • 2024.04.10
    WEB広告

    DX推進に欠かせないWebマーケティングスキル|育成すべき6職種

    DX(デジタルトランスフォーメーション)と聞くと、社内にデジタルツールを導入するなど単なるデジタル化のことと考える方が多いようです。しかし、本来の意味では、DXとは、デジタルを通して企業のビジネスモデルを変え競争力を勝ち得ること、ひいては人々の生活によい変化をもたらすことを指します。それでは、企業においてDXを推進していく人材には、どのようなスキルが求められているのでしょうか。今回の記事では、特にWebマーケティングにおいて、担当者に必要とされている6つのDXスキルを紹介していきます。 1.DX推進に向けて社内で育成できるスキルとは  アフターコロナにおいて、DXを推進していきたい企業の多くは人材の育成に課題を抱えています。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、DX推進には6つの職種が必要だとしていますが、どのような職種か見てみましょう。プロデューサー ビジネスデザイナー アーキテクト データサイエンティスト(AIエンジニア) UXデザイナー エンジニア(プログラマ)IPAの調査によると、このうち全体を統括するプロデューサーとDXビジネスの企画立案をするビジネスデザイナーについては、ほかの職種と比較して「自社で人材を育成したい」と考えている企業が多いようです。プロデューサーは自社ビジネスへの深い理解や組織を巻き込む力が必要であり、ビジネスデザイナーは既存の企画・営業・マーケティング部門などのスキルを持った自社の人材を活かせると考えられるためです。しかし、多くの企業ではDX導入の際に上記6つの職種を充実させることは難しく、包括したDX専門部署やDX担当者を置くに留めることも少なくありません。では、より総合的な能力が求められるDX担当者になるにあたり、具体的にどのようなスキルを身につけると良いでしょうか。Webマーケティングを例にして解説していきます。 2.Webマーケティング担当者に欠かせない6つのDXスキル Webを活用するWebマーケティングは、DX推進がこれからという企業でも始めやすいため、多くの企業が専門部署を立ち上げています。既存の人材が対応するケースも多いWebマーケティングの担当者の仕事には、Webサイト制作、Web広告、コンテンツマーケティング、UI改善などWebを通して施策を行い、自社のサービスや商品が売れる仕掛けを作ることなどがあります。そのWebマーケティング担当者には、主に以下の6のDXスキルが必要になります。 ①.Webリテラシー リテラシー(literacy)は「特定の分野の知識」を意味する英単語で、Webリテラシーは、Webに関する知識や活用能力を指します。Webマーケティング担当者は、インターネットの仕組みや手法を理解して、効果的に応用する力が求められます。 ②.Webサイト制作スキル Webサイトのアクセス解析を行い、修正・改善をするWebマーケティング担当者は、Webサイトの制作スキルも備えておく必要があります。特に、Webサイトで新しいコンテンツなどを公開するときには、ディレクションを任せられることも考えられるため、プログラミングやセキュリティ対策、Webデザイン、ライティングに関する基礎知識があるとよいでしょう。 ③.マーケティングに関する知識 消費者の購買行動を促進するために、Webマーケティング担当者には基本的なマーケティングの知識も求められます。マーケティングに関わる業務としては、Webを使った市場調査や消費者動向分析、競合調査、販売戦略などが考えられます。Webマーケティング担当者は、様々な分析手法を学んでいく必要があるでしょう。 ④.データ分析スキル 自社サイトのデータを分析することは、Webマーケティング担当者の大切な仕事のひとつです。ユーザーの流入経路や離脱率を把握し、検証を行い改善していくためには、データ収集と解析の知識を備えなければなりません。またデータ分析には様々なツールを用いるため、ツールを使用し運用する能力も必要です。 ⑤.コミュニケーション能力 Webマーケティング担当者には、コミュニケーション能力も求められます。コンテンツを制作するときは、自分たちの部署だけではなく、他部署と協力をして進めていく必要があるからです。また近年では、SNSを介した企業とユーザーとのコミュニケーションも増えており、Webマーケティング担当者がその役割を担うケースが多いくあります。 ⑥.マネジメントスキル Webマーケティング業務はチームで行うことも多いため、全体の進捗管理や業務の振り分けなど、高度なマネジメントスキルが必須になります。特に、他部署と連携してプロジェクトを進める場合には、Webマーケティング担当者がリーダーとなりチームマネジメントを行うケースが多いでしょう。 3.マーケティングリテラシーのスキルアップが今後を左右する 多様化を見せるWebマーケティングの世界で最も重要なのは、マーケティングリテラシー(解析力と応用力)、そしてWebリテラシーにあたる能力です。マーケティングの手法は、消費者の行動やイノベーションによって中長期的に移り変わるため、常に市場変化に適応しなければなりません。そのため様々なマーケティング手法とその効果を知り、自社の顧客情報の変化を捉えて応用することが重要です。新型コロナの流行で、消費行動は大きく変化しています。これからどのような手段が有効で、自社にどう活用できるのかを瞬時に見極めていくために、Webマーケティング担当者のマーケティングリテラシー能力の向上が急がれています。 4.ECマーケティングのDXプラン WebマーケティングにおいてDXを推進していくためには、高いデータ分析スキルやマーケティングリテラシーを持った担当者が求められます。しかし、自社に高いスキルを備えた人材がいない、あるいは育成ができない場合もあるでしょう。そのような場合には、外部のプロにサポートを依頼してみてはいかがでしょうか。現在、ECマーケティング株式会社では、短期・長期あわせて6プランからなるクラウド型DX支援サービスを提供し、ECサイトなどのWebサイトをベースにWebマーケティングの強化をサポートしています。メインとなる「WebマーケティングDX支援サービス」は、研修プランやWeb集客、メールマーケティング、Webサイト改善などをサポートする6カ月プランです。https://www.ecmarketing.co.jp/contents/archives/535より気軽にDXを始めたいというお客様のご要望に合わせ、3か月のトライアルプランもご用意し、UI改善やWebマーケティングに関するDX研修を支援いたします。https://www.ecmarketing.co.jp/contents/archives/582DXパートナーをお探しの企業や、DXに強い人材育成の必要がある企業は、是非お気軽にご連絡ください。 5.まとめ  これからますますデジタルシフトしていく世の中で企業が生き残っていくには、DXを推進が必要不可欠です。そして、DXを牽引していく人材には、高いマーケティングスキルが求められます。自社で人材を用意できない場合には、外部の力を借りてDXを推進し、同時に人材を育成していくことがおすすめです。ECマーケティング株式会社ではDX推進と人材育成をサポートする様々なプランを提供していますので、興味がある場合にはぜひお問い合わせください。

  • 2024.04.10
    検索エンジン最適化(SEO)

    スニペットとは?SEOにおける重要性や具体的な設定方法を解説

    Webサイトの説明文であるスニペットは設定しなくても、Googleが自動で本文から抽出して表示してくれるので、わざわざやらなくてもいいと思っていませんか? 実はスニペットには、SEOと深い関連性があります。 今回は、スニペットとSEOにはどのような関連性があるのか、スニペットの種類や設定方法とあわせて詳しく解説します。 1.スニペットとは? スニペットとは、検索エンジンで検索したときに、タイトルとともに表示される内容説明のテキストを指します。もともとは「断片」や「切れ端」を意味する言葉で、SEOにおいては、検索エンジンでの検索結果で、タイトルやURLの下に表示される短い説明文を指します。  2.SEOとスニペットの関係性 検索結果で上位表示されるとクリック率が上がる傾向はありますが、スニペットによってもクリック率が変わる可能性があるため、SEOとも密接に関係しているといえるでしょう。 2010年と少し古い情報になりますが、Dynamical.bizが翻訳したアイトラッキングの調査データによると、検索結果に表示されたページタイトルよりも、スニペットに視線が固定される時間の方が長いという結果が出ています。 つまり、ユーザーはページをクリックするかどうかを決める際に、タイトルよりもスニペットを重視しているといえます。そのため、スニペットが表示されるの仕組みを理解し、適切な内容が表示されるように対策することはSEOを行う上で非常に重要だといえるのです。  3.スニペット・リッチスニペット・強調スニペットの違い スニペットには、通常のスニペットのほかに、リッチスニペットと強調スニペットがあります。それぞれの違いを確認しておきましょう。 スニペット 通常、スニペットは検索結果でページタイトルの下に表示される、ページの内容を説明する短いテキストのことを指します。 これにはmeta descriptionに記載したテキストか、Googleが本文から自動的に抽出した内容が表示されます。 リッチスニペット リッチスニペットも検索結果でページタイトルの下に表示されますが、通常のテキストのみのスニペットと異なり、以下のようなものを表示できます。写真や画像 レビュー件数や星評価 パンくずリスト 価格 イベント日時 検索窓通常のスニペットよりも情報量が増えるため、クリック率が上がりやすいといわれています。また、ユーザーが欲しい情報を探しやすくなり、検索結果から閲覧するWebサイトを選択する際の利便性が高まります。 ただし、リッチスニペットを表示させるには、マークアップすることが必要になります。 強調スニペット 強調スニペットは、検索キーワードに対する回答として表示されるスニペットです。検索結果の最上部に表示されるうえに、表示枠や文字が大きく目立つため、ほかのスニペットよりも多くのトラフィックを見込めます。表示される内容は該当ページからGoogleが抽出したテキストや画像と、ページタイトル、URLです。 ただし強調スニペットは、すべての検索結果に表示されるわけではありません。Googleのアルゴリズムによって抽出されるので、ほかのスニペットのように設定することはできません。  4.それぞれのスニペットの設定方法 ここからは、それぞれのスニペットの設定方法を説明します。 スニペットの設定方法 通常のスニペットを設定する場合は、metaタグのmeta descriptionの記述内容を編集します。 HTMLで設定する場合には、<head>タグ内に、以下のタグを埋め込みます。 <meta name="description" content="~~~~~~~~~"> 実際には「~~」の箇所に、ページの概要を記載します。WordPressを使用している場合には、プラグインを使って簡単に設定できます。 meta descriptionは、ユーザーとGoogleのクローラーにページ内容を伝える役割があります。ただし、metaタグを設定しても必ず表示されるわけではないということは知っておきましょう。 meta descriptionについては『ディスクリプションはSEOに有効?CTRを向上させる書き方についても紹介』で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。 リッチスニペットの設定方法 リッチスニペットを設定するには構造化マークアップ(検索エンジンが情報を正しく認識できるようHTMLプログラムなどで意味づけしていくこと)を行い、Googleにコンテンツを適切に理解してもらう必要があります。構造化マークアップはHTMLで記述するか、データハイライターを使う方法があるので任意で選択しましょう。 HTMLで記述するときには、対象を定義する「ボキャブラリー」と記述方式の「シンタックス」の指定が必要です。Googleではボキャブラリーにschema.orgを、シンタックスにJSON-LDが推奨されています。 データハイライターを使う場合はサーチコンソール内から設定できます。項目一覧の「検索での見え方」から「データハイライター」を選択して設定を進めましょう。 どちらで設定した場合も、必ずリッチスニペットに表示されるわけではありません。Googleのガイドラインに準拠していることや検索クエリとの関連性の高さなど、表示されるにはいくつか条件を満たす必要があります。 強調スニペットの設定方法 強調スニペットはGoogleのアルゴリズムによって自動で抽出されるため、サイト制作側での設定はできません。 しかし、強調スニペットとして表示されているコンテンツのほとんどが以下の条件を満たしています。①.上位表示している②.検索キーワードに対する回答を簡潔かつ的確に記載している③.適切にHTMLマークアップを用いている 上記を意識して対策すると、強調スニペットに表示される可能性が高くなると考えられます。  5.まとめ スニペットは検索結果でページタイトルの下に表示される、ページの内容を説明する短いテキストです。ユーザーがクリックするときの参考になるため、SEO対策としても重要になります。 通常のスニペットはもちろん、画像や星評価などを表示できるリッチスニペットも設定すれば、情報が増えるためクリック率の改善が期待できます。 また、設定はできませんが、ユーザーの疑問に的確に答えるコンテンツを制作し検索順位の上位に入っていれば、強調スニペットとして表示される可能性もあります。  

  • 2024.04.10
    WEB制作

    サイトリニューアルの目的は?成功に導く目標設定を伝授

    サイトリニューアルは、目的と目標を明確にしていないと方向性が定まらず、成功の確率が低くなります。目的によって、進め方や注力するポイント、選ぶ制作会社が変わってくるからです。しかし、初めてサイトリニューアルを担当する場合、目的をどのように設定すればよいのか、どんな目的が適切なのか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では、サイトリニューアルの成功確率を高めるための目的設定の方法を3つのステップで解説します。 1. サイトリニューアルにおいて目的・目標設定は必須 Webサイトをもっと使いやすくしたい、デザインを刷新したい、競合に見劣りしないWebサイトにしたいなど、漠然とした目的でサイトリニューアルを進めてしまうことはよくあります。サイトリニューアルをすべて1人で行うのであれば、大まかに目的を定め、進めながら方向性を決めていくケースもありますが、リニューアルをチームで行う、外注を利用するといった場合には、個々のイメージを統一できず失敗する可能性が高まります。複数人でサイトリニューアルを進行する時は、必ず目的を明確にして数値目標とともに共有することが大切です。 2. サイトリニューアルの目的設定は3ステップで行う それでは、サイトリニューアルの目的はどのように設定すればよいのでしょうか。目的を設定する手順を3ステップに分けて解説します。 ステップ1.現サイトの課題を整理する まずは、現在のWebサイトが抱えている課題を整理しましょう。<課題の例>商品カテゴリが間違っている お問い合わせ先が分かりづらい ログイン後のマイページが使いづらい 特定の商品、手続きに関するお問い合わせが多い システム化できそうな業務ができていない主観的な課題分析も有効ですが、アクセス解析を活用して数値データから分析する、被験者テストでユーザーのつまずきポイントを確かめるなど、様々な分析方法を取り入れて、多角的に分析を行いましょう。 ステップ2.解決策をまとめる 課題の洗い出しが終わったら、課題に対する解決策をまとめていきます。先ほどの例をもとに解決策を考えると、以下のようになります。<解決策の例>商品カテゴリが間違っている ⇒商品カテゴリを作り直す お問い合わせ先が分かりづらい ⇒お問い合わせ先の導線を改善する ログイン後のマイページが使いづらい ⇒マイページのUIを変更する 特定の商品、手続きに関するお問い合わせが多い ⇒Q&Aや解説ページを設置する システム化できそうな業務ができていない ⇒システム改修を行う課題に対する解決策をまとめていくと、大がかりなリニューアルは必要ないのでは、と気づくこともあるでしょう。一時的な対応や部分改修では根本的に解決できない課題があれば、サイトリニューアルを進めていきます。 ステップ3.一般的な言葉として整理し、数値目標を定める 課題と解決策の洗い出しが済んだら、それらをまとめて解決後のイメージを言語化していきます。これが、リニューアルの目的です。言語化されたイメージは、複数の人間が関わってリニューアルを進めるときに、共通方針となり重要な役割を果たします。この時、数値目標を立てられるものは合わせて設定しましょう。<目的の例>(目的)ブランドのファンを作る ⇒(目標)ブランド名での検索数10%増、リピーターの比率5%増 (目的)問い合わせ件数を増やす ⇒(目標)メルマガ登録者数月200件、セッション数2倍3.リニューアルの目的は手段にしない サイトリニューアルの目的設定でよくあるミスが、目的と手段を混同してしまうことです。動的システムを導入する、1カラムデザインにするといった目的はWebサイトを改善するための手段であり、リニューアルの目的としては不十分でしょう。例えば、Webサイトをスマホ対応にするとスマホユーザーからのお問い合わせ数増加につながると推測できます。突き詰めて考えると、目的だと思っていた「スマホ対応」が、「お問い合わせ数増加」という目的達成のためのひとつの手段に過ぎないということもあるのです。サイトリニューアルの手段を目的にしていないか見極め、その先にあるゴールをしっかり見据えることが大切です。 4.まとめ サイトリニューアルをする時、「よくしたい」という思いだけで漠然と進めると失敗してしまうかもしれません。特に、複数の人がリニューアルに関わるケースでは、それぞれが違った方向に進み、混乱が生じてしまいます。まずは、現在のサイトの課題を抽出し、解決策を考え、解決後のイメージを言語化してチームで共有するようにしましょう。目的と目標を明確に定めることが、サイトリニューアルを成功させる秘訣です。

  • 2024.04.10
    顧客関係管理(CRM)

    メルマガの開封率が上がる配信時間は?成果が出やすい時間帯を知る方法

    メルマガは配信時間ひとつで成果が左右するため、どの時間に配信を行うべきか頭を悩ます人も多いでしょう。 ここでは、一般的な配信時間の目安と最適な配信時間の調べ方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 1.メルマガは配信時間によって成果が変わる メルマガの配信時間は、メルマガの成果を左右するとても重要なファクターです。 配信時間によってメルマガの開封率が上下するため、メルマガの内容が良かったとしても、配信のタイミングを誤ると開封率アップにつなげることはできません。 例えば、深夜に配信を行っても就寝中のユーザーが多いため開封される見込みは少なく、ユーザーが目を覚ます頃には大量のメールに埋もれてしまい、メルマガの存在にすら気づいてもらえない可能性があります。 大切なメルマガがスルーされないように、ターゲットとなるユーザーの行動パターンを考えて最適な時間にメルマガ配信を行いましょう。 2.メルマガは配信時間の目安 それでは、メルマガの開封率の高い時間帯はいつなのでしょうか。GetRespose社のデータから確認していきましょう。 時間別の開封率では、午前9~午後2時、午後5~6時頃に配信したメルマガは開封率が高く、最も開封率が高い時間帯は午後1時で22.15%となっています。 一方、午後8時以降は開封率が悪く、午前1時が14.48%と最も低い開封率となりました。 続いて曜日別に見てみると、週末より平日のほうが開封される割合が高いことがわかりました。平日は曜日を問わず開封率が20%を超えていますが、土曜日・日曜日になると開封率は17%程度にまで、がくんと下がってしまいます。 以上のことから、一般的に平日の午前中からお昼にかけてメルマガを配信すると、メールを開いてもらえる可能性が上がると言えるでしょう。 3.最適な配信時間の調べ方 メルマガの開封率が高い時間帯や曜日には傾向があることがわかりましたが、実際にメール配信を行う際は自社のユーザー特性に合わせていく必要があります。 そこで、自社商品やサービスに関するメルマガの最適な配信時間を決めるためにやるべきことをご紹介します。 ①.ライフスタイルとメールの相性を合わせる メルマガ配信に最適な時間帯を見つけるためには、ユーザーのライフスタイルを把握し、メールの内容と照らし合わせて考えることが大切です。 まずは、メルマガに登録しているユーザーの属性情報からライフスタイルを想定し、ユーザーがメールを確認できる時間帯を推定します。 次に、メールで配信する情報を考慮して、ベストな配信時間を考えていきます。 例えば、属性が会社員であれば、平日の昼休みの時間帯に配信するとメールを見てもらえる可能性は高くなります。しかし、メールの内容がセールの情報だと、購入検討する時間がないためスルーされてしまうかもしれません。 メルマガで成果を出すには、メルマガ登録者のライフスタイルと配信するメルマガの内容をしっかりと考慮し、配信時間と曜日を考えていく必要があります。 ②.開封率でテストする メールを配信する時間帯と曜日をピックアップしたら、実際にメールを配信して開封率を確かめていきます。 配信テストを実施すると、到達率や開封率、クリック率などのレートも確認できますが、配信時間に特別なこだわりがない場合は、開封率の高い時間帯に配信時間を設定すると良いでしょう。 ③.メールの種類によって配信時間を変える 同じユーザーに同じ時間帯で配信しても、メールの種類によって開封率は異なります。すべてのメルマガを同じ時間に配信するのではなく、ステップメール、キャンペーンメールなど、メールの内容に合わせて配信時間を考えていきましょう。 また、メールの種類別にテスト配信を行い最適な時間帯を見つけたとしても、定期的に見直しを行うことが必要です。 ユーザーの特性やライフスタイルは時代とともに変化するため、一度最適な配信時間を見つけても配信テストは定期的に実施し、現在のユーザーの生活スタイルに合わせてメルマガ配信を行う必要があります。 4.ステップメールの配信時間は固定することも メルマガ配信をするとき、配信時間・曜日をわざと固定するという方法もあります。中でも、ステップメールにおいては配信時間を固定するケースが一般的です。 前述したように、ベストな配信時間を見つけるという観点で考えると、定期的に配信時間を変えてテストをすることが重要でが、ステップメールや定期的な情報提供を行う場合は、あえて配信時間・曜日を固定することもあります。 これは、配信スタイルを固定化することで、コアなファンの方に「○○社からは△曜日の×時にメルマガが送られてくる」と認識してもらえるからです。 メルマガを開封してもらいコンバージョンを目指すのか、顧客のナーチャリング(育成)を行うのかなどで、配信パターンを変えていきましょう。 メルマガとステップメールの違いについては「メルマガとステップメールの違いと使い方」をご覧ください。 5.まとめ 今回は、メルマガの最適な配信時間とその見つけ方についてご紹介しました。 メールの開封率と配信時間は密接な関係にあるため、適切な時間帯を把握できればきっと開封率を上げることはできるでしょう。 本記事を参考に、是非、ベストなメルマガの配信スタイルを見つけてみてください。  

  • 2024.04.10
    検索エンジン最適化(SEO)

    直帰率とは?SEOに与える影響と直帰率が高い場合の改善施策8選

    一般的に直帰率とは、外部からWebサイトのページに流入し、アクセスした最初のページだけを見てサイトを離れる割合を指します。一方、直帰率とよく混同される離脱率は、1セッション(訪問)でそのページを最後に離脱した割合を意味します。 いずれもSEOとの因果関係はないにもかかわらず、なぜか検索順位に影響すると主張される場合もあります。 このような解釈が生まれてしまう原因はどこにあるのでしょうか? そこで今回は直帰率とSEOの関係を確認するとともに、直帰率を改善する方法を紹介します。 1.SEOと直帰率の関係性 SEOに取り組む人のなかでも、直帰率が検索順位に影響すると誤解している人は多くいます。しかしGoogleのWebspam元責任者のMatt Cutts氏は、「直帰率は検索順位に影響しない」と否定しています。 Googleが直帰率を評価対象としない理由はいくつか考えられます。 例えば、直帰率は滞在時間を考慮していないためユーザーエンゲージメントを正確に測れないという点です。Googleアナリティクスでは離脱する直前にいたページの滞在時間が計測されないため、直帰した場合は滞在時間が0秒となります。計測できない以上、評価対象として取り上げない方が公平だと考えられます。 また、Googleアナリティクスを利用していないWebサイトがあるという点もあります。直帰率はGoogleアナリティクスを利用しているWebサイトからしかデータが取れないため、これを評価項目に加えるのは公平とはいえません。 このように、直帰率はSEOに影響しない理由があるにもかかわらず、なぜ今でも勘違いが起こるのでしょうか?  2.なぜ直帰率がSEOに関係すると勘違いされるのか? SEO要因での弱さがユーザー体験を阻害して直帰率の高さに表れることがあり、これがSEOと直接関係あると誤解させる一因として挙げられます。 例えば、以下はGoogleの評価項目に含まれますが、同時に直帰率の上昇にも関係します。読み込み速度が遅い 低品質なWebデザイン 検索KWとコンテンツ内容が一致していない モバイルフレンドリーではない また、このようなコンテンツは同時にSEOとしてもマイナス要素であるため、検索順位を下げる要因になります。  このように直帰率とSEOに相関性はあると考えられますが、因果関係があるとはいえないでしょう。  3.直帰率を改善する8つの方法 SEOと直接の関係はない直帰率ですが、直帰率を改善することで結果的に検索結果の上位表示につながることはあります。ここからは、直帰率を改善する方法を8つ紹介します。 ①.記事コンテンツに画像や動画を埋め込む 記事の理解を深める画像や動画をコンテンツに掲載しましょう。テキストだけのコンテンツは変化に乏しく、ユーザーが読み疲れてしまう可能性があります。 特にページに動画を入れるのはおすすめです。動画のないページと比較して直帰率が下がり、滞在時間が長くなるといわれています。 ②.ページの読み込み速度を改善する ページの読み込み速度を改善することも直帰率の改善に効果的といえます。Googleが2017年に行った調査によると、ページの表示速度が1秒から3秒になっただけで32%も直帰率が増加したそうです。さらに5秒になると直帰率は90%にまで増加したと報告しています。 この調査からもわかるように、読み込み速度が遅いと直帰率は高くなってしまいます。画像を圧縮する、不要なプラグインを削除するといった対策で、少しでも読み込み速度を速めましょう。 ③.ファーストビューに目立たせたい情報を表示する ページのファーストビューに興味を引く内容が記載されていなければ、ユーザーはスクロールせずに離脱すると考えられます。 下までスクロールして目を通してもらえるよう、ファーストビューには重要な情報やユーザーの関心を惹く内容を表示します。 ④.改行や箇条書きを活用する 改行や箇条書きを活用して読みやすい文章を心がけましょう。どれだけ内容が有益であっても、文字が連なっていると読みにくく、ユーザーは離脱してしまいます。 テキストには適宜改行を入れて読みやすくするとともに、重要なポイントは箇条書きにすると一目で把握しやすくなります。 ⑤.ユーザーの検索意図を満たすページを作成する ページの内容は、ユーザーの検索意図をしっかりと反映したものが最適です。ユーザーの検索意図と異なる内容だと直帰率が高くなる可能性があります。 例えば「猫用ソファ」と検索してランディングしたページに人間用のソファしか紹介されていないと、ユーザーは猫用ソファを探すために離脱してしまうことが想像できます。 検索キーワードから、ユーザーがどんな情報を求めているものを読み解き、コンテンツに反映させるのがコツです。 ⑥.内部リンクを設置する 内部リンクを設置すると、ユーザーをサイト内の関連ページへ誘導できるため、回遊率が上がり直帰率が下がります。 例えばECサイトの場合、商品ページに関連するおすすめ商品のページや使い方を紹介したコラムを設置すると有効です。 ⑦.アンカーリンクで目次を設置する ユーザーが情報を探して迷わないように、アンカーリンクで目次を設置しておきます。 ほとんどのユーザーは必要な情報がすぐ見つからなければ、そのまま直帰してしまいます。ほしい情報をすぐに与えられるようにすれば直帰率も改善できるはずです。 ⑧.モバイルフレンドリーにする 運用しているWebサイトがスマートフォンに対応していない場合は、モバイルフレンドリーに対応してスマホユーザーの直帰率を下げましょう。 PC用のサイトしかない場合、スマホユーザーが見にくいと感じて離脱してしまう恐れがあります。また、2021年3月末以降に延期されていますが、直近で全WebサイトのMFIへの強制移行が予定されているため、今後の検索順位にも大きく影響が出る可能性があります。 まだ対応していない場合は、モバイルフレンドリーへの移行を急ぎましょう。  4.まとめ Googleは直帰率を検索順位の評価項目とはしていません。しかしユーザーの利便性と満足度を上げるような直帰率の改善は、間接的にSEOにも良い影響を与えます。 直帰率の改善には以下の8つの方法があります。コンテンツに画像や動画を使う ページの読み込み速度を改善 興味を引くファーストビュー 改行や箇条書きを活用する 検索意図を満たすコンテンツ作成 内部リンクの設置 アンカーリンクで目次を設置 モバイルフレンドリー対応検索結果の上位表示にもつなげられるように、直帰率を改善する工夫を行いましょう。  

  • 2024.04.10
    顧客関係管理(CRM)

    メルマガのクリック率は?平均値や目安・計算方法を解説

    メルマガ配信において、気になる指標のひとつであるクリック率。しかし、クリック率を重視して効果測定をするのは得策とは言えません。この記事では、クリック率の目安と開封率・反応率との違い、クリック率の考え方についてまとめています。 1.メルマガのクリック率の目安 メルマガのクリック率は業種や受信環境によって異なりますが、メール配信サービスの「配配メール」によると2~3%程度が平均とされています。クリック率は業種や配信内容、B(企業)向けかC(消費者)向けか、PC用かスマホ用かなどの要素によって変動します。そのため、2~3%という平均値はあくまで目安程度に留めておくと良いでしょう。 2.クリック率と近しい指標の違い クリック率と近しい指標に開封率と反応率の2つがあります。それぞれが何を測るための指標なのか、計算方法と一緒に見ていきましょう。 クリック率とは クリック率は、配信に成功したメールに対し、メルマガに記載されているURLがどの程度クリックされたかを計測するものです。例えば、メールの送信に100アドレス成功し、URLが2回クリックされた場合、クリック率は2%になります。計算式:URLがクリックされた回数÷配信に成功したメール数×100 開封率との違い 開封率とは、配信に成功したメールのうち開封されたメールの比率を表し、メールがどの程度開かれたかを知る指標です。例えば、メールの送信に100アドレス成功し、20アドレスで開封された場合、開封率は20%になります。計算式:開封されたメール数÷配信に成功したメール数×100 反応率との違い 反応率は、開封されたメールに対してURLがクリックされた割合を示すもので、メールを読んだユーザーがどの程度反応したかがわかる指標です。クリック率は配信の有効数全体、反応率は開封されたメールの数を母数としてURLがクリックされた割合を考えるという違いがあります。例えば、20アドレスでメールが開封され、URLが2回クリックされると、反応率は10%になります。計算式:URLがクリックされた数÷開封されたメール数×100 開封率・反応率・クリック率のまとめ メールの送信に100アドレス成功し、20アドレスで開封され、URLが2回クリックされると、次のような数字になります。開封率:20% 反応率:10% クリック率:2%  3.クリック率の考え方 前述のとおりクリック率の平均は2~3%程度とされていますが、数値は目安であり、重視すべきことは、それにより目標が達成できているかどうかです。メルマガを配信する場合、メルマガを配信すること自体が目標ではなく、メルマガを見てもらい、メルマガのコンテンツに興味を持ってもらい、その後、商品購入などのページへ遷移してもらうことが目標になるはずです。その目標を達成する場合、まず配信したメールを開封してもらうことが重要となり、最初のKPIとして設定されます。開封率が良くない場合は、件名や配信時間などを変更して開封率の改善を行います。そして次に考えるのは反応率です。メルマガを開封して読んでもらった後、誘導するページに遷移する率が少なければ、誘導に必要なオファー内容や文章などを変更する必要があります。目標を達成ために使われる指標は上記のように“開封率”や“反応率”であり、クリック率は、全体のメルマガ数でどれくらいクリックがあったかという目安でしかありません。ですので、それぞれの指標の役割をきちんと把握したうえで、メルマガの改善を行っていくことが必要です。メルマガの開封率については『メルマガの開封率を高めるー効果的なタイトルのつけ方ー』で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。4.まとめ メルマガのクリック率は、あくまで目安として活用しましょう。クリック率の他にも開封率、反応率といった指標があり、メルマガの成果を上げるためには開封率と反応率を改善する必要があります。メルマガを改善していく場合には、まず、開封率・反応率をどのように向上させていくか考えてみましょう。

  • 2024.04.10
    WEB広告

    Web広告で成果を出すための効果測定方法|指標の測り方を徹底解説

    Web広告を出しているものの、計測できるデータが多いため何を重視すればいいのか分からなくなることはありませんか? 一般的には、クリック数・率やコンバージョン数や売上金額が指標とされますが、必ずしもそれだけで効果を判断できるわけではありません。 この記事では、Web広告で期待できる効果を踏まえた上で、確認したい指標や注意したいポイントなどについてご紹介します。   1.Web広告で期待できる効果 Web広告はさまざまな効果が期待できますが、実は広告の種類によって得意分野が違います。ここではWeb広告で得られる3つの効果と、それを得意とする広告の種類をご紹介します。 認知効果 Web広告の出稿で、まず期待できるのは「認知効果」です。認知とは、自社の商品やサービス、ブランドについて知ってもらうことを指します。 手法にもよりますが、Web広告は顕在顧客だけではなく潜在顧客にまで、広く情報を発信できるので、より多くの人に認知してもらえるという特徴があります。 認知効果をもっとも得意とするのは、ディスプレイ広告や純広告です。 例えば、Yahoo!トップページのサイドバーに表示される広告枠を一定期間買い取り、アプリゲームの広告を出したとしましょう。 Yahoo!の検索画面を利用するほぼ全ての人に表示することができ、すでに興味を持っているかどうかは関係なく、多くの人に商品やサービスを知ってもらうきっかけを作ることができるのです。 心理効果 「心理効果」とは、名前くらいは知っている、少し興味があるといったユーザーに、商品理解を深めてもらう効果です。リスティング広告やSNS広告が得意としています。 例えば、「無料 RPG アプリ」というキーワードでリスティング広告を出稿すると、「無料で遊べるアプリのRPGゲーム」というジャンルに興味があるユーザーに対して広告が表示されるため、興味関心の高い客層に情報提供することができます。 売上効果 Web広告が直接的なきっかけとなって購入や問い合わせにつながることを「売上効果」と言い、リターゲティング広告や心理効果でも挙げたリスティング広告がそれを得意としています。 リターゲティング広告とは、サイトを訪れたユーザーを追跡して配信する広告です。 例えば、ゲームアプリの配信サイトを訪れた経歴のあるユーザーに、別のサイトでそのゲームアプリの広告を配信するものです。 一度Webサイトを訪れているユーザーは、ゲームに対する十分な理解と興味があると推測されるため、コンバージョンにつながる可能性が高いと考えられます。   Web広告では取り組んでいる広告施策の目的を踏まえて、その目的に適した広告の種類と成果指標をみることが大切です。   2. Web広告の効果測定で確認したい成果指標 それでは、Web広告の効果測定で確認したい指標を、広告の効果ごとにご紹介します。 認知効果を測る成果指標 認知効果の測定には、広い認知拡大ができているかを見る必要があります。以下のような指標を確認しましょう。 インプレッション 広告が表示された回数。回数が多いほどネットユーザーの目に入る機会が増えます。 リーチ 広告を1回以上見た人数のこと。インプレッションでは同じ人間が複数回みた数もカウントされますが、リーチは重複のない数が測定できます。ユニークユーザーやユニークリーチと呼ばれることもあります。 フリークエンシー 一人のユーザーに同じ広告が表示された回数。1日1回、1時間に1回など、ユーザーへの配信頻度、接触頻度を表しています。 心理効果を測る成果指標 商品理解を深めてもらう心理効果の測定には、ランディングページへの誘導が上手くできているかが指標となります。 クリック数 ユーザーが広告をクリックした回数。回数が多いほど誘導率が高いといえます。 クリック率 ユーザーに広告が表示されたインプレッション数に対し、何回クリックされたかを示す割合。「クリック数÷インプレッション数×100%」で算出します。 クリック単価 リスティング広告などにおいて、1回クリックされるごとに発生する広告単価のこと。「広告費÷クリック数」で算出します。単価が低ければ、低予算で効率的に誘導できていることになります。 売上効果を測る成果指標 売上効果の測定は、ランディングページがどのくらい成果を獲得しているかを確認します。 こちらはコンバージョンが指標としてよく使われます。 コンバージョン数 広告を経由してサイトを訪問したユーザーが、商品の購入や資料請求、登録などを行った数。 コンバージョン率 広告経由で訪問したユーザーのうち、コンバージョンに至った割合のこと。「コンバージョン数÷訪問数」で算出します。 必ず費用対効果もチェックする Web広告を出稿したら、効果測定を行うとともに、必ず費用対効果もチェックしましょう。施策と指標を比較することで、その広告の費用対効果を確認できます。 費用対効果を検討するときに必要となる3つの指標をご紹介します。 ROAS ROASは「Return on Advertising Spend」の略語で、広告費に対する売上の割合を%で示したもの。「広告による売上÷広告費×100」で算出します。ROASが100%以上であれば、広告費以上の売上が立っているということです。 CPA CPAは「Cost per Acquisition」の略語で、1件のコンバージョンまでにかかった広告コストのこと。「顧客獲得単価」とも呼ばれていて、「広告費÷コンバージョン数」で算出します。数値が低ければ、広告への投資効果は高いといえます。 ROI ROIは「Return of Investment」の略語で、広告費に対する利益率を見る指標です。「利益÷広告費×100」で算出します。ROIの数値が高いほど、広告が効率的に利益を生みだしていることになります。   Web広告の費用対効果は、今後の改善や新たな施策を選ぶ際に役立ちます。   3. Web広告の効果測定をするときに注意したいこと Web広告の効果を測定するときに注意するべきことが2つあります。 アトリビューションやアシスト効果も忘れない Web広告の効果は直接的なコンバージョンだけではありません。 広告から訪問したユーザーがコンバージョンせずに、後に別経路からコンバージョンに至る「クリックスルーコンバージョン」や、クリックはしなかったが広告が気になり、別経路からコンバージョンする「ビュースルーコンバージョン」なども発生します。 これは「アトリビューション/アシスト効果(間接効果)」と呼ばれます。Web広告はユーザーに見せること自体が効果を生み出すのです。 前章で紹介した効果測定では採算が悪いと判断された広告も、もしかしたらアトリビューション効果は高い可能性があります。認知系の広告では、特に注視する必要があります。 ユニットごとに効果測定をする 効果測定の後は、次の施策や改善に向けて課題点を見つけなければなりません。 その課題分析を行うときは、媒体や目標など大きな単位で見るのではなく、広告種別、クリエイティブ別、キーワード別などさまざまな単位で見るように心がけることが大切です。 できるだけ小さなユニットまで分析することで、細部まで行き届いた具体的な改善策が生まれ、効果的な広告戦略となります。   4.まとめ Web広告は種類ごとに得意な効果があり、認知効果、心理効果、売上効果など目的に適した広告を選んだ上で効果測定を行うことが重要です。 Web広告のユーザー効果や費用対効果は指標で把握することができますが、指標に表れないアトリビューション効果を忘れてはいけません。広告はユーザーの目に触れるだけで間接的にも効果を生み出しています。 指標で広告の効果測定をしつつ、広い視野と小さなユニットで改善策を重ねていきましょう。  

  • 2024.04.10
    WEB制作

    【プロ解説】Webライティングのスキルアップに最適な練習方法を解説

    ライターになって間もない人の中には、ライティングスキルの上達方法が分からないと悩む方がいるのではないでしょうか。特にWebライティングについては、周囲に指導者がいないケースも多く、どこから手を付ければ良いのか分からないことも少なくないと思います。そこで今回は、Webライティングに必要なスキルを独学でも伸ばすことができる、おすすめの練習方法をご紹介します。 1.Webライティングで求められるスキル そもそも、Webライティングとは、Web媒体に適した文章を書く技術のことです。書籍や新聞といった紙媒体のライターとは違い、Web上のコンテンツを書くライターは、まずWebの特徴をきちんと把握する必要があります。例えば、Web上のページの多くは、上から下にスクロールしながら読んでいくため、重要な情報や結論から書く必要があります。また、多くのユーザーが短時間でサッと読む傾向があり、飛ばし読みされても理解できるよう論理的かつ分かりやすい文章が求められます。また、多くのユーザーが検索エンジンを利用していることを考えると、SEOに効果的な文章を作成できることが理想的と言えるでしょう。SEOライティングのより詳しい情報は、『初心者でも書ける!SEOライティングの基本』で解説しています。合わせてご覧ください。2.Webライティングのおすすめ練習方法 ライティングスキルの向上は一朝一夕にはいきませんが、練習に時間をかけ、しっかりと経験を積めば上達していきます。Webライターに求められるスキルを理解したうえで、次の4つの練習方法を試してみましょう。 ①.ライター向けの書籍を読む まずは、Webライティングに特化した書籍を読み、知識を付けましょう。最近では、ライター職の人が増えていることもあり、さまざまなライティングのノウハウ書籍が出版されていますが、中でもWebライティングに的を絞った本はおすすめです。Webライティング専門の書籍はSEOについても解説しているケースが多く、検索エンジンに評価される文章についても学べます。また、これからWebライティングを学ぶ人は、全てを網羅した分厚い解説書で一気にステップアップを目指すよりも、分かりやすく読みやすい初心者向けの書籍から入ると良いでしょう。練習問題が付属している書籍もあるため、何冊か読んでみてライティングの基礎力を養いましょう。 ②.心に残った文章をノートに写す お金を払って読む本は熟読される傾向が強いですが、Web上の文字は斜め読みされてしまいます。きれいな日本語を心がけることはもちろんですが、目を引くような表現を身に着けなければいけません。書籍や新聞、SNS、コラムなどさまざまな媒体や形式の文章に触れ、良い文章・心に残ったキャッチコピーがあれば、ノートに書き写して自分のものにしていきましょう。また、途中で分からない単語が出てきたときは、辞書を引いて書き溜めておくと、実践的な語彙力が高まっていきます。 ③.構成から考える Webページを訪れるユーザーは、何かしらの目的意識を持って閲覧しているため、ページ内で主張したいポイントを明確に提示しなければなりません。そのためには、ただ漫然とライティングをするのではなく、ユーザーが何を知りたくて訪れるのかを考え、論理的に文章を組み立てる必要があります。文章を執筆する前に導入文、本文、結論それぞれで何を伝えたいかを定めた構成を作成することで、伝えたい内容がブレず、ユーザーにとって分かりやすいコンテンツが出来上がります。文章力だけでなく「構成力」も上達するように、構成を作成する練習も積んでおきましょう。 ④.何度も書いてPDCAを回す PDCAとは、Plan(計画)・ Do(実行)・Check(評価)・ Action(改善)を繰り返し、品質を管理・改善していく手法を指しますが、これはWebライティングのスキル向上においても当てはまります。ブログを例に見ると、ただコンテンツを更新するのではなく、掲載したコンテンツのうちどのような文章が好反応を得たか、アクセス数が伸びたかを検証して、次のライティングに活かすことなどが考えられます。また、記事を執筆する際は、5時間かけて1つの文章を完成させるより、3時間で完成させて、見直しと書き直しに2時間使った方が、記事がブラッシュアップされ良い文章になります。 3.Webライティング前に必ず行いたい準備 質の高い記事を執筆するには練習だけではなく、ライティング前の準備がとても重要です。文章作成前に必ず行いたい2点をご紹介します。 文章を読むユーザーとニーズを推測する 文章を誰が読むかを想像し、架空のユーザー像(ペルソナ)を設定しましょう。同じ恋愛に関するコラムを執筆する場合でも、学生を対象として書く場合と、婚活中の社会人を対象として書く場合では、記事のテイストや取り上げる内容は大きく異なります。まずは、検索されるであろうキーワードから推測してユーザー像を仮定し、そのユーザーの検索意図を考慮してライティングを行うことで、ターゲットに刺さる文章を作成できます。 ゴールを設定する ユーザーが文章を読んだ後、定期的に訪問してコンテンツを閲覧して欲しいのか、見込み客にしたいのか、自社商品・サービスを販売したいのかによってコンテンツに求められる要素も変化します。その文章を読んだユーザーに、どのような行動を取ってもらいたいかというゴール(目的)を設定し、ページ構成を決めることが重要です。この記事ではご紹介できなかった「リライトスキル」に関しては、『SEOに効果的なリライト方法と上位表示の秘訣』でご紹介しています。ライター必見ですので、ぜひご覧ください。4.まとめ Webライティングには、紙媒体とは異なるスキルが求められるため、まずは書籍などを活用して基礎的なWebライティングの知識を取り入れましょう。知識を身に付けたら実際に執筆してブログなどに掲載し、結果の検証を何度も繰り返すことで、徐々に総合的な力を伸ばすことが可能です。独学であっても、ライティングスキルは上達します。記事を執筆する際は、常にユーザーのニーズを推測し、記事の最終目的を見据えることを忘れないようにしましょう。

  • 2024.04.10
    CVR改善

    ECサイトにおける平均コンバージョン率(CVR)は?改善施策5選を紹介

    ECサイトを運営していて、気になるもののひとつがコンバージョン率ではないでしょうか。自社のコンバージョン率の上下に一喜一憂し、どうすれば少しでも上げられるのかを毎日一生懸命考えている方も多いでしょう。 この記事では、気になるECサイトの業界別平均コンバージョン率やコンバージョン率が下がる原因、改善方法について詳しく解説します。1.【業界別】ECサイトの平均コンバージョン率 まずは、ECサイトにおける業界別の平均コンバージョン率を紹介します。 日本のデータがないためアメリカのデータとなりますが、Adobe Digital Index Consumer Electronics Report 2020の調査結果を見てみましょう。※参照元:https://www.slideshare.net/adobe/adi-consumer-electronics-report-2020 レポートによると、ECサイトの平均コンバージョン率は3.0%。ギフト、ヘルスケア、アパレルの3つの業界が4%を超える高いコンバージョン率を示しおり、スポーツ業界も平均値以上の3.1%となっています。 反対に、自動車やホームセンター、家電の3業界が低く、とくに家電については1.4%と全体平均の半分にも届いていません。その他にも、ジュエリー・コスメやインテリア業界も3%を下回る数字です。 下位に属する業界を見る限り、上位と比較すると高価格帯の商品を多く取り扱っているため、容易に購入に結びつかないからではないかと推測できます。2.ECサイトのコンバージョン率が下がってしまう原因 ECサイトのコンバージョン率が下がってしまうのにはどのような理由があるのか、考えられる原因を2つ説明します。自社に当てはまる点がないかを確認してください。 ECサイトの設計・デザインがターゲットに合っていない ECサイトに限りませんが、Webサイトを自社都合で作ってしまうことが、コンバージョン率が上がらない理由の一つとして考えられます。ユーザー視点に立って、どのような商品やサービスが求められているのかを考えることなく、「自社が売りたい」商品を前面に押し出してしまうとなかなか購入に至りません。 例えば、ブランドカラーを意識しすぎて、購入ボタンが目立たないなど視認性が悪くなっているケースも多く見受けられます。ECサイトを作るときには、ユーザー目線に立ってWebサイトを設計することが大切です。 Web広告のターゲティングがずれている とにかく集客したいとWeb広告を出したものの、ターゲットがズレてしまっている場合もあります。 コンバージョン率は、コンバージョンした数をセッション数で割って算出するため、コンバージョン数が変わらなくても、分母であるセッション数が増えれば数値はどんどん下がるのです。 認知拡大のために出稿するディスプレイ広告などは別ですが、効率的な集客を目的にWeb広告を出す場合は、広告文や出稿先、Web広告の種類をターゲットにあわせて、自社のターゲット層やペルソナにマッチする人だけを効率よく集客する工夫をしましょう。3.ECサイトのコンバージョン率を改善させる方法 ECサイトのコンバージョン率を改善させる方法は、前述した2つ以外にもたくさんあります。ここからは数多くの手法の中から、5つを選んで紹介します。 ペルソナを設定する いまやインターネット上には数え切れないほどのECサイトがあります。ペルソナを明確に設定して作り込まなければ、「万人に向けたECサイト=誰にも刺さらないECサイト」になってしまいます。 ペルソナとは、自社のターゲットユーザーとして具体的に作りこんだ人物像のことです。このペルソナを細かく作りこみ、ペルソナに合わせたECサイトにするほど、そのユーザーの心に刺さり購買欲アップにもつながります。 ユーザーの満足度も上がるため、購入率の高いリピーターも生まれやすいでしょう。 商品画像・動画を工夫する ECサイトでは、商品を手に取って見ることができないため、写真や動画で商品を見極めます。そのため、他社と同じ商品を扱っていても、見やすく工夫された画像や使い方の説明動画などがあるほうが、商品理解が進みコンバージョンにつながるでしょう。 商品の写真は1枚だけでなく、さまざまな確度から撮影したものを複数枚掲載することがおすすめです。視覚的なイメージが湧くため、ユーザーも購入ボタンを押しやすくなります。 レコメンドを表示する 商品掲載ページには、レコメンドを表示することも効果的です。閲覧した商品が購入されなくても、ユーザーの趣味嗜好にあった商品への導線があれば、そのままサイト内を回遊して購入につながる可能性が高くなります。 商品の付属品や、一緒に購入したら便利なアイテムなどをレコメンドとして表示すると、クロスセルされ購入価格の上積みも期待できるでしょう。ユーザーが必要な商品をおすすめすることで、満足度アップにつながることもポイントです。 レビューを集める 商品の紹介ページには、できるだけ多くのユーザーレビューを集めましょう。 ユーザーが商品を購入するときには、企業からの売り込みではなく、同じ購入者目線の意見を参考にする人が多いものです。多くのユーザーが高評価をしている商品は、購入への安心材料になります。 レビューを増やすためには、レビュー投稿でポイント贈呈といったキャンペーン企画が有効です。SNSを活用して、UGC(ユーザーによって作られたコンテンツ)を増やすのもおすすめです。 決済手段の候補を増やす ユーザーが購入意思を固めても、決済方法が振り込みや代金引換しかないなど、選択肢が少なければ、カゴ落ちする可能性が高くなってしまいます。 ユーザーが好む決済方法は、年代によって異なる傾向がありますが、最低限クレジット決済の導入は必須です。とくに若い世代が多い場合には、Amazon PayやPayPay、LINE Payなどのスマホ決済をできる限り取り入れるようにすると良いでしょう。4.まとめ コンバージョン率は、業界や販売している商品の種類、価格帯によって異なりますが、1~3%というのは目安になるでしょう。自社で取り扱っているのが高価格商品でもないのにコンバージョン率が低ければ、なんらかの対策が必要と考えられます。 商品を見直すまえに、まずはECサイトそのものが、ターゲット層にマッチしたものになっているかを確認するようにしてください。サイトを見直すときには、ユーザー視点に立つことが大切です。

  • 2024.04.10
    WEB広告

    【決定版】Web広告の種類おすすめ7選・選び方を徹底解説!自社に合った広告を利用するには

    Web広告を出稿したい、でもどのWeb広告が良いのか分からないと困ってはいないでしょうか。なんとなくで選ぶと、狙った効果が出ずコストを無駄にしてしまうかもしれません。Web広告には大まかに7種類あり、それぞれ特徴が違うため、比較検討したうえで自社の目的にあった広告を選ぶことが大切です。この記事では、Web広告の基本7種類について、ポイントを押さえて紹介していきます。 1.自社に合ったWeb広告の選び方 多くの種類があるWeb広告。選び方が分からないからと安く始められる広告や流行っている媒体を安易に選んではいけません。種類こそ多いもののメリット・デメリットは異なるため、Web広告を出稿する目的に合わせて使い分けることが大切です。現在Web広告は、大きく分けて以下の7種類に分けられます。リスティング広告 ディスプレイ広告 SNS広告 動画広告 ネイティブ広告 メール広告 アフィリエイト広告次章から、それぞれの特徴を紹介していきます。 2.リスティング広告 リスティング広告は、別名「検索連動型広告」とも呼ばれ、ユーザーが検索したキーワードに合わせて検索エンジンに表示される広告です。広告であることが分かるアイコンが表示されるため、自然検索よりクリック率は下がる傾向があります。しかし広告を出稿するキーワードを自社で決め、興味を持って検索したユーザーに広告を表示できるため、顕在層にアプローチでき、クリックやコンバージョンにつながりやすいメリットがあります。リスティング広告のメリットを活かすためには、キーワードの選定を含め、ある程度の運用ノウハウを学ぶ必要があるでしょう。リスティング広告については『代表的なWeb広告!リスティング広告の基本を押さえよう』で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。3.ディスプレイ広告 Webサイトやブログなどの広告枠に広告を掲載するディスプレイ広告は、大きく分けて3種類あります。 アドネットワーク広告 アドネットワーク広告は、複数のWebサイトに広告を掲載できる方式です。従来はWebサイトごとに広告掲載を依頼する必要がありましたが、アドネットワークの仕組みができたことにより、サイトを横断して広告を掲載できるようになりました。入稿すると一度に複数媒体に向けて大量出稿ができ、すべての効果測定データを一括で確認できますが、アドネットワークごとに特徴が異なるため、運用スキルが求められ、効果測定がしづらいという側面もあります。 DSP広告 DSP広告は、DSP(Demand Side Platform)を通し、指定した属性のユーザーに対してリアルタイムに広告を配信することができます。広告の進化で「面から人へ」と言われますが、メディアの枠に広告を出すのではなく、メディアに来たユーザー(=人)に対して広告を出すことが可能です。配信種類が豊富で最新の広告技術により多くのターティングが行えることがメリットです。デメリットとしては、配信された広告がどのメディアのどの枠に出たか広告主側が把握できない点です。航空機事故のニュース面の広告枠に、航空会社の広告が掲載される可能性はゼロではありません。そのため最近ではブランドセーフティと呼ばれる機能で、企業にとって不適切なコンテンツに広告を配信しないようにフィルタリングするすることもできるので、そうしたことが可能なDSPを選ぶと良いでしょう。また、デメリットではありませんが、DSPは提供する企業によって、配信先メディアやターゲティングに大きな違いがあります。各社のDSPの機能をきちんと把握して選定することが必要になります。DSP広告については『Web広告の新定番!DSPの仕組みや選ぶときのポイント』で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。純広告 純広告は、アドネットワーク広告とは異なり、Webサイト内の決められた枠を一定期間買い取って広告を出稿する方法です。ターゲティングや時間帯指定も可能で、自社商品やサービスを知らないユーザーの画面にも広告が表示されるため、認知拡大という点で優れています。その反面、効果が出なくても決まった費用が発生するため、ターゲットがはずれた場合には、費用対効果がよくないことも少なくありません。 4.SNS(ソーシャルメディア)広告 SNS広告は、TwitterやInstagram、FacebookといったSNSに掲載する広告のことです。広告を出稿することで自社のアカウントがフォローされたり、広告自体が拡散されたりする可能性があり、ユーザーとのつながりができるのが魅力的なポイントです。ほかのWeb広告と比較すると低予算で出稿できますが、成果を出すには拡散されやすい広告作りのノウハウが必要になるでしょう。 5.動画広告 広告のなかでも、動画を使った広告をまとめて「動画広告」と呼びます。視覚だけではなく聴覚にも訴えられるのは動画広告のみですが、同時にユーザーの時間を拘束するため、ユーザーの行動を阻害して悪い印象を与える可能性もあります。一口に動画広告と言っても、以下の5種類に分けられます。インフィード広告  WebサイトやSNSのコンテンツ一覧内に表示される インストリーム広告 YouTubeといった動画サイト内で再生される インバナー広告   純広告の枠に出稿するもので、画面内に動画が入らなくても再生される インスクロール広告 スクロールして動画が自動再生される インリード広告   スクロールして動画が自動再生されるものだが、インスクロールと違いコンテンツ一覧内に表示される  6.ネイティブ広告 SNSやニュースメディアの記事タイトルやコンテンツに溶け込ませて表示するのがネイティブ広告です。一定数のユーザーが広告に対して悪いイメージを持っているとされていますが、ネイティブ広告はコンテンツに自然に溶け込んでいるため、ユーザーにストレスを与えずにクリックしてもらえる可能性が高いことが特徴です。 7.メール広告 ユーザーに向けて、メールで配信する広告をメール広告と呼びます。メール広告にはメルマガに広告を貼り付けるものと、ユーザーの趣味嗜好に合わせた広告メールを配信するものがあります。メールは消去されない限りユーザーのもとに残り続けますが、そもそも開封されない、開封されたとしても最後まで読まれない可能性もあります。他の広告と違い、一定期間掲載されるというものではなく、メールによる単発での配信のため、ターゲットを誤ると全く効果が出ないケースもあります。 8.アフィリエイト広告 アフィリエイト広告は、アフィリエイターと呼ばれる媒体主のWebサイトやブログに広告を掲載してもらうものです。アフィリエイト広告には成果報酬型やクリック型などの種類がありますが、成果に結びついたら費用を払うという成果報酬型が一般的です。そのため費用対効果が高い広告と言えますが、どの広告を載せるかはアフィリエイター次第のため、想定していたサイトに掲載してもらえない可能性があります。アフィリエイト広告については『アフィリエイト広告の基本〜仕組み・種類・メリット・向いているサイト〜』で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。9.まとめ Web広告にはさまざまな種類があり、それぞれ少しずつ特徴が異なります。そのため自社の目的やターゲット層、また予算などに合わせてどの広告を出稿するかを決めることが大切です。小規模予算からスタートでき、効果測定もしやすいインターネット広告を活用し、収益の拡大をめざしましょう。

  • 2024.04.10
    WEB制作

    ペルソナの作り方は?マーケティング・Web制作で効果を出すための設定ポイントや注意点を解説

    Webサイト制作時のコンセプトやプロモーション戦略などのマーケティングに関する戦略を立案する際に重要なのが「ペルソナ設定」です。 当然のことながら、企業のマーケティング担当者は自社のターゲットユーザーを把握しています。ただ、ターゲット属性しか把握していないケース、何となくペルソナを想定しているケース、ペルソナ設定をしていたとしても数年前に一度設定したままで見直しが行われないケースなど、企業として正確なペルソナ設定を実施していないケースは少なくありません。 そこで、今回はペルソナ設定の重要性や具体的な方法、注意すべきポイントについてご紹介します。   1.ペルソナとは ペルソナとは「自社サービスのユーザーとして具体的に仮定した人物像」のことです。ペルソナを作成すると多様化した顧客像の中から自社の顧客となり得るユーザー像を絞り込めるので、社内での認識の齟齬が起きにくくなる、商品や広告の訴求力を向上させられるといったメリットがあります。 ペルソナと近しい意味合いを持つ言葉に“ターゲット”があります。ここでは、ターゲットと比較しながらペルソナについてみてみましょう。 ターゲットは、「年齢」「性別」「居住地」「職業」「未既婚」「子供の有無」など、対象ユーザーの属性情報となります。それに対してペルソナは、直訳すると“人格”で、そのターゲットの「おかれた状況」「悩み」「課題」「生活習慣」など、ユーザーのインサイト(心理)を含めた人物像のことです。 もし、ペルソナを設定せずターゲットのみを共有してプロジェクトを進めると、チーム間で想定するユーザー像に個人差が生じ、行き違いが起こることも少なくありません。 「30代、既婚女性、子供あり、会社員」というターゲット向けに化粧品の広告戦略を立案する場合、ターゲットを踏まえて広告を出稿するメディアを選定するため、「30代、既婚女性、子供あり、会社員」が集まるメディアへの露出が考えられます。 (30代女性既婚会社員が閲覧するメディア例)育児サイト アパレルサイト レシピサイト 婚活サイト グルメサイト Q&Aサイト                                               など→この場合、選定するメディアの幅が広いため、対象メディアの絞り込みが困難になります。 一方、ペルソナを設定した場合、下記のようにユーザー像に対する対象メディアを絞り込むことができます。 ペルソナA)30代、既婚女性、子供あり、会社員、仕事と育児の両立が大変、夫が育児を手伝ってくれない、夫婦喧嘩が絶えない。育児サイト/アプリ 夫婦の悩みに関するQ&Aサイト/アプリペルソナB)30代、既婚女性、子供あり、会社員、家族でいることが幸せ、幸せが続けばいい、家族全員の趣味は旅行育児サイト/アプリ 旅行サイト/アプリ→ここまで絞り込めれば、精度の高いメディア選定が可能になります。 このようにペルソナは、ユーザーのインサイトを含めて具現化することで、精度の高いマーケティング戦略のプランニングを可能にするものです。同時に、マーケティング活動に携わる関係者が特定のターゲットを想定することができ、常に同じ方向を向いてプロジェクトを進めることができるのです。   2.ペルソナ設定の流れ それでは、実際にペルソナ設定を行う手順をご紹介します。 リアリティのある人物がゴール ペルソナ設定のゴールは、チーム全員が同じユーザー像を想像できるリアリティのある人物像を描くことです。 架空の人物を想像で作ることが難しい場合は、身近にペルソナに近い人がいないか探してみましょう。もしいれば、その人にインタビューやアンケートを行うことで、ターゲットに近いペルソナを作成することが可能になります。 情報収集を行う まずは、情報収集を行います。 基本的なものにはインタビューや座談会などの聞き取り調査がありますが、本音が聞けないと感じた場合は無記名アンケートも有効な手段です。 そのほか、自社サイトのアクセス解析やデータ、公的機関が公開している調査データなど可能な範囲で情報収集を行っていきます。 十分に情報収集ができたら、ユーザーの情報をグルーピングしていきます。 1人の顧客像を作る 情報収集が終わったら、実際にペルソナを作成する段階に入ります。情報収集から得た内容をもとに、下記のような項目を決定していきましょう。年齢 性別 職業 年収 趣味 特技 住んでいる地域 一人暮らしか実家暮らしかその他にも、スマホの使用頻度、よく使うアプリ、利用しているSNSと使用頻度、現在の悩み事、休日の過ごし方など、プロジェクトやPDCAサイクルの頻度に合わせてより細かく設定していきます。 また、1人のペルソナでは見えなかったポイントが、複数のペルソナから浮かび上がってくることもあります。必要に応じていくつか設定しましょう。   3.ペルソナ設定の注意点 ペルソナを設定する際、注意すべきポイントが3点あります。作り上げたペルソナを最大限に活かせるように、作成中と作成後に注意すべき点をお伝えします。 目的に合わせて設定する ペルソナは目的に合わせて設定する必要があります。 ペルソナを作成することでターゲット顧客を想定しやすくなり的確にマーケティングを行うことができますが、商品・サービスごとに目的が変わる場合はペルソナも変えるべきです。 例えば、同じ会社のA商品のプロモーションでは、学生と主婦が対象ユーザーであれば、学生と主婦のペルソナを作るべきで、B商品のプロモーションで対象ユーザーが違えば、別のペルソナを設定する必要があるでしょう。 自社の理想像とは切り離して考える ペルソナは自社のサービスや商品に興味を持っている(もしくは興味を持つと考えられる)ユーザーのイメージ像です。 自社の製品やサービスありきでペルソナを設定すると、「興味を持ってほしいユーザー」を設定してしまい、消費者ニーズとのギャップが発生することも少なくありません。自社としては20代女性をターゲットとしたサービスでも、実際に興味を持っているペルソナが30代女性になることもあります。 先入観や思い込みは排除して、あくまでも情報収集で集めたデータをもとに「興味を持っているユーザー」「これから興味を持つであろうユーザー」を作り上げていきましょう。 定期的に見直す ペルソナは一度作り上げたらそれで終わりではありません。 作ったペルソナが実際のユーザーとずれている可能性や、時代の流れとともに消費者意識が変化していく可能性もあります。 定期的に見直して改善を重ねることで、プロジェクトに合ったペルソナが成長していきます。企画の進行中であっても、ペルソナの見直しは必ず行っていきましょう。この記事では紹介しきれなかったペルソナ設定の注意点とうまく有効活用する方法に関しては、『ペルソナ設定の注意点と活用方法』で解説しています。ぜひご覧ください。  4.まとめ マーケティングに関する戦略立案に欠かせない「ペルソナ設定」。知識はあっても、実際に作ろうとすると具体的に何をしたらいいか分からず戸惑うことも多いかと思います。 しかし、しっかり手順を踏み、注意点を守ればきっと役立つペルソナを作ることができるはずです。 本記事を参考にペルソナを設定し、是非、プロジェクトに役立ててください。