SEOに効果的なリライト方法と上位表示の秘訣


ライターなら身につけておきたい記事のリライトスキルですが、ただ言葉を書き換えただけでは良質なコンテンツにはなりません。最悪な場合は、コピーコンテンツとして判断されてしまう可能性もあります。

正しいリライト方法を一度学んでおけば、今後の記事作成やサイトのSEO対策にも役立つことでしょう。

今回は、記事のリライトの目的と注意点、具体的な方法やコツを詳しくご紹介します。

 

1.リライトの目的とは

そもそもリライトとは、サイトに掲載している記事の内容をより良いものに書き換える作業のことです。

単純に単語の追加を行うわけではなく、基本的な内容や構成はそのままに、ユーザーが求めている情報を追加する、あるいはわかりやすい表現へ書き換えてユニーク化し、記事に対するユーザーの納得度を高めるために行います。

ユーザーの満足度が高い記事に書き換えれば、「ユーザーファースト」を掲げる検索エンジンから再評価を受け、結果的に検索結果で上位表示を狙えます。

 

2.リライトを行う前に確認しておきたい注意点

リライトを行うときに最も注意したいのが、コピーコンテンツです。検索エンジンからコピーコンテンツとして評価されてしまうと、検索結果で上位表示を狙うどころか、逆に順位が下がってしまいます。

競合サイトの記事のマネは絶対にNGです。同じテーマを選んだ結果として全体的な構成が似てしまう場合はありますが、別の人間が作成している以上、表現の仕方などに必ず違いが出ます。リライトでは完全なオリジナルコンテンツを作る、という意識が重要です。

また、コピーコンテンツにならないことばかりに気を取られて、書き直した文章の日本語がおかしい、文章として整合性が取れていないといった場合にも評価が下がる可能性があります。読みやすく正しい日本語を意識して文章を作成しましょう。

 

3.リライトでの記事作成方法

リライトは、単なる単語の入れ替えや文章の書き換えだけではありません。コピーコンテンツではない、SEOに効果的な記事を作れるリライト方法を確認していきましょう。

①.他社記事を参考にしない

リライトを行う際に情報の確実性に捕らわれると、つい元の記事や参考記事を見ながら作成したくなってしまいます。しかし、他の記事を見ながらライティングすると、無意識に内容が酷似してコピペと同じ状況になってしてしまう可能性があります。

他社記事を参考にするときは、最初にしっかりと読み込んで内容を理解した上で、必ず自分の言葉で書き直すようにしましょう。

②.専門用語には具体例を追記する

取り扱うテーマによっては、一般的に使われていない専門用語が登場することもありますが、専門用語を簡易に言い換える必要はありません。むしろ、専門用語は正しい情報をユーザーに伝えるために必要な要素です。

専門用語を使用するときは事前調査をしっかりと行い、その意味や使い方を十分に理解して使用しましょう。そのうえで、分りやすい言葉や具体例を用いて補足するとユーザーにとって親切な記事になります。

③.根拠となるデータを示す

「増加傾向にある」、「~と予想されている」など抽象表現を使用している部分に、具体的な数値や参照元を示すと統計的な根拠を持たせられます。また、食品の構成成分や商品の効能といったものには、確かな情報源を示し、信頼性を担保すると良いでしょう。

参照データは公的機関や大企業、大学などが発表しているデータほど信頼性が高くなります。もし欲しい情報がWeb上になければ、書籍も積極的に活用しましょう。

④.競合サイトは最後に確認

検索結果で上位に表示されている競合サイトから、ユーザーが求めている情報で記事に不足している要素はないかを確認できます。もし足りない情報があるようなら、新しく記事に追加することも検討しましょう。

ただし、大切なことは作成するコンテンツで「誰に何を伝えたいか」という点であり、検索結果だけが全てではありません。あれもこれもと欲張って、ただ競合サイトのマネをしただけの内容にならないよう注意しましょう。

 

4.質の高い記事にするためのコツ

記事のリライトで、より質の高いコンテンツにするためのコツが2つあります。次から詳しく見ていきましょう。

コンテンツとして独自性を出す

自分ならではの情報を付加し、独自性を高めるとよりよいコンテンツになります。例えば、最新情報や自身の知識・意見、体験談を交えると付加価値となり、オリジナリティ溢れる内容になるでしょう。

独自性が高く、競合サイトにない情報が盛り込まれた記事はユーザーにとって有益なコンテンツであり、検索エンジンにも高品質な記事だと評価されるため、結果的に上位表示されやすくなります。

タイトル・見出しの見直しも欠かさない

タイトルはユーザーがクリックするかを決める大きな要因のひとつであるため、リライトを行うときは合わせて見直すことをおすすめします。

タイトルを見直す時は、ユーザーの知りたい情報が何かを考え、検索ニーズをピンポイントに表す単語を2~3語ほど入れることを意識すると、魅力的なタイトルになります。

また、ユーザーだけでなく検索エンジンもタイトルや見出しから記事内容を推測するため、内容を的確に表したタイトル・見出しにしましょう。

 

より質の高いリライトにするためには、「Webライティングスキルを独学で上達させる4つの練習方法」をご覧ください。

Webライティングスキルを独学で上達させる4つの練習方法

 

5.まとめ

記事を書き換えるリライトで、ユーザーに価値のある記事が作成できれば、結果的に検索エンジンから評価されて上位表示が狙えます。

リライトを行うときは、オリジナルのコピーコンテンツにならないよう、具体例をいれる、データを差し込むなどの工夫が必要です。また、自分の意見をいれて独自性を高めることも忘れてはいけません。

記事の内容だけでなく、タイトルや見出しもしっかりと見直せば、SEOにも効果的なリライト記事になるでしょう。

Webマーケティングのお役立ち資料ダウンロードはこちらです

CTAイメージ
800サイト以上のマーケティングサイトをコンサルティングしてきた、ECマーケティング社のノウハウをご提供させていただきます。ぜひ、活用ください。