そのコンテンツ、SEO効果ある?~【残念すぎる】なんちゃってコンテンツSEO事例~


猫はヒトが隠したものを探しあてるのが得意です。

そう、意外とよく見ているのです。ヒトだけでなく、マーケティングも・・・

コロナはウェブマーケティングにも変化をもたらしたのかニャ?
発生当初は先行きが見えず一気に広告費を削減した企業が多かったけど
昨今はウェブに注力する流れに完全シフトしたのニャ。
これまでウェブには何も取り組んでこなかった業種が続々広告出稿を始めているのを実感するけど、実際いちばん変化を遂げた施策はなんだろニャ!

コロナによりほとんどの人が生活スタイルを変えられただろう。それと同様に企業の販促予算や、web注力度なども大きく変貌を遂げたと言えよう。今回はその中でもSEO界隈での傾向と、ちょっと残念な例を紹介したい。

♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣♣

 

1.コロナ渦で伸びたウェブ施策

コロナを機にウェブマーケ界隈で流行った施策の1つは確実に「コンテンツSEO」といえよう。コンテンツSEO施策(略してコンテンツSEO)は、過去に一度、盛衰退し、ここ2~3年で再び“第二次コンテンツSEOブーム”が到来した。

通販サイト・サービスサイト・コーポレートサイト・ポータルサイト等、見渡す限りのウェブサイトがコンテンツ強化に力を入れているのは体感しているだろう。よく見かける「コラム」「読み物」もコンテンツSEO施策の一端なのだ。

2.第一次コンテンツSEOブームの闇

ここで、改めて“第一次コンテンツSEOブーム”について話そう。

Googleアップデートが繰り返されるなか、その評価基準は年々厳しくなり、従来のSEO対策(内部強化や外部リンク)だけでは通用しなくなった結果、各社コンテンツ強化の動きが活発となった。「キュレーションサイト」全盛期がこの時期だ。ところが、短期間に大量の良質なコンテンツを創作し続けるには限界がある。

競争が過熱するうち、オリジナル性に欠ける無断転載コンテンツや、薬機法に抵触するコンテンツが溢れ出したのだ。今は無き「NAVERネイバーまとめ」や「WELQ」(ウェルク)は、問題の発端となったメディアの代表例だ。「NAVERまとめ」はコンテンツの無断転載が横行、「WELQ」(ウェルク)は医療・健康に関するキュレーションメディアでありながら嘘やデマまで掲載される始末。それらコンテンツが検索結果を覆っていたのだ。検索順位をあげる・検索流入を増やす・その手段を誤ったサイトは他にも多く、この事案にGoogleが緊急アップデートを実施するまで事態は発展したのだ。

なお、この一連の騒動はのちに「WELQ(ウェルク)アップデート」と呼ばれていた。

 

3.第二次コンテンツSEOブーム、何が違う?

再来に見られる傾向は、なんといっても「BtoB」企業の“本格的な参入”だ。今までウェブマーケティング全く取り組んでいなかった企業、ウェブ広告費0円企業が、続々とコンテンツ強化に乗り出しているのだ。ビッグワードよりミドル・テールワードを多数強化する傾向が高く、コンテンツの強みを、ターゲットが特殊な産業、など。

一言で言えばウェブリテラシーが低い業界の企業ですら、コンテンツSEOだけは積極的なのだ。

ちなみに、積極的な理由はおおよそ、下記2点だろう。

・形として残るため予算がとりやすい(サイトの資産になる)

・内製化のハードルが低そう(効果を無視すれば、文章を書くだけ)

だがしかし、実際のところ「コンテンツSEO」に取り組んでいるようで効果はイマイチ、上手くいっていない、そもそも効果検証すら、できていない企業が大半なのだ。

今回は残念なコンテンツSEO事例を紹介したい。

4.【残念事例1】50本も作ったのに・・

コロナ渦でウェブを強化する方針となり、オウンドメディアを立ち上げたA社。

50本の記事を数百万円かけて制作したが、効果検証をすることもなく、放置されていた。担当から相談を受け、記事100本の調査をしたところ、伸びしろが散見された。およそ3割の記事は順位が出ているものの、その全てがテールワードや意図しないワードばかり。これでは有効な集客量を確保できない。記事自体はパッと見、コンテンツSEO風なのだが、おそらくキーワード設計が曖昧な状態で量産されているように見受けられる。

改善の方向性としては2つ想定される。

1つはリライト。既存50本の記事をキーワード設計から見直し、書き直す方法。

2つ目はきちんと効果の見込める記事を新規作成することだ。

費用はどちらもほぼ同じだか、手間は現行の内容次第で変わってくる。

土台が悪いとリライトよりゼロから作成したほうが効率的かつ効果発生が早い場合もある。

 

5.【残念事例2】一石二鳥だと思ったのに・・

メールマガジンのアーカイブでコンテンツSEOに取り組んでいた企業の残念な事例。

1年分の配信済みメルマガをサイトに掲載し続けるも、検索流入は増えず相談を受けた。拝見したところ、メルマガとしての内容は良いのだが、SEO対応度はゼロだった。

 

例えば、

・テーマが1つに絞られていない

・コンテンツごとにワードが設定されていない。

・見出し、本文にワードが使われていない

・画像ばかりでテキストがほぼない。

・文中のリンクが切れている。

といった課題が盛りだくさん。

メルマガとコンテンツSEOでは、役割も評価基準も異なる。そのため、何も手を加えずそのまま掲載しても、サイト評価にはならず、上記のような課題を抱えているコンテンツであれば、かえってマイナス評価にも繋がりうるため気をつけたい。

 

6.【残念事例3】喜べないBIGワード

第一次コンテンツSEOブームに立ち上げたオウンドメディアからの悲痛な相談。

その後、サイトは月間PV数百万規模まで成長を遂げたそうだ。

コンテンツ1本あたりの文字数は、一般的に必要とされている約3倍量で外注していた。立ち上げから大量記事作成に投じた費用総額、なんと4,000万円超え!!

 

BIGワード順位も取れているが、残念なことに狙っているキーワードではなく、BtoC向けのキーワードなのだ。そのおかげで多数の問い合わせは来るが、1つもコンバージョンにつながらないという、BIGなのに残念なキーワード。

なぜこうしたことが起こるのか、それは立ち上げ時に全体キーワード設計を行っていないからだ。コンテンツを何本作るにせよ、最初にキーワード群の洗い出しを行わないと、こうなってしまうことをよく覚えていてほしい。多額の投資を行ったにも関わらず、順がでているのはテールワードと収益に貢献しないBIGワード、まさに悲劇だ。

厳しいことを言うが、このような企業は非常に多い。ぜひ、自社の取り組みが同じ状況に陥っていないか確認するきっかけになれば幸いだ。

オウンドメディアを立ち上げたが効果を感じない、うちの記事は大丈夫?と心配になった方はぜひご相談ください。

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

本記事を転載、ご紹介いただく際は

ひとこと「載せたよ」のお知らせいただけると嬉しいです。

コチラ → https://www.ecmarketing.co.jp/contents/contact

 

ECマーケティングのWeb集客施策

ECマーケティング株式会社では、400社以上のマーケティング実績をもとに御社の課題を洗い出し、最適なWeb集客プランをご提案します。

SEO、MEO、Web広告などどの集客施策を行えばいいかわからないという方、今の集客施策の効果がわからなくなってきたという方は、ぜひまずお問い合わせください。

>>ECマーケティングの集客施策の詳細はこちら<<

資料ダウンロード

新規集客にお悩みのWeb担当様向け!
>>『戦略的プロモーションのPDCA』の資料をダウンロードする(無料)<<


Webマーケティングのお役立ち資料ダウンロードはこちらです

CTAイメージ
800サイト以上のマーケティングサイトをコンサルティングしてきた、ECマーケティング社のノウハウをご提供させていただきます。ぜひ、活用ください。


ABOUTこの記事をかいた人

GoogleとAmazon、マーケティングをこよなく愛する猫。 ガラケーSEO時代にweb業界へ参入。 口癖は「検索はGoogleとの対話」 ログをおかずに猫飯3杯食べれるほどGoogleAnalytics 好き。 趣味 ウェブマーケティング・アニメ・筋トレ・釣り