東南アジアのGDPの現状と今後を日本と比較

LINEで送る

 

最初に、東南アジアのGDPの見通しと、その中でのECの市場規模について確認しておこうと思います。

まずはこちらのグラフをご覧ください。

GDP推移_楽観

単位は10億USDです。2005年と2015年のデータは「世界経済のネタ帳」 (元データはIMF)から頂戴しました。

2025年は、2005年から2015年までの成長率(日本8%↓、ASEAN諸国166%↑)のペースが仮にそのまま続いたら、という仮定で、少し乱暴ですが、ざっくりと出したものです。

 

現在までの成長ペースがそんなに続かないだろうと、いう見方もありだと考えられますので、仮にこの成長率が半分(166%↑→83%↑)にペースダウンしたらどうなるか、というのが以下のグラフです。

GDP推移_保守

これを見ると、かなり保守的に見ても、今後10年以内にASEAN諸国のGDPが日本を追い抜きそうだということが、読み取ります。むしろ、もし仮に現在のペースのままで進んだら、圧倒的にぶち抜きそうな勢いです。

 

数字で見ると以下のようになっています。

■日本

2005年 4.5兆ドル(503兆円)

2015年 4.2兆ドル(500兆円)(微減)

2025年 3.8兆ドル(497兆円)(このまま微減)

 

■ASEAN諸国

2005年 0.9兆ドル

2015年 2.5兆ドル(10年で+166%)

2025年 4.6兆ドル ~6.7兆ドル(+83%~166%)

 

 

今年の12月に、2015年末 ASEAN域内の貿易が自由化され、6億円のマーケットがひとつの経済圏、ASEAN経済共同体(AEC)として発足します。

 

全体的な市場トレンドからも、また、今年末に控えたこのAECの発足というタイミングからも、東南アジアへの進出を検討している事業者様にとっては、ちょうど今年あたりが参入のチャンスになるのではないかと、考えます。

 

次の記事では、この中で、ECの市場規模がどのようになっているかを確認します。

 

 

=============================================

参考:ASEAN諸国とは、インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,

ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス(全10か国)を指しています

情報引用元 「世界経済のネタ帳」

ページトップへ
メディア掲載実績