東南アジアEコマース市場の夜明け

東南アジアのファッションECサイトの代表格 ZALORAをZOZOと比較してみる

 

東南アジアのECサイトの代表格の一つに、ファッションECの「ZALORA」というサイトがあります。

 

zalora

 

その急成長ぶりは、日本の代表的ファッションECの「ZOZO」とGoogle Trendsで比較してみると、よくわかります。

 

Google Trends

zozoとzalora

あくまでもGoogle Trendsの数値ですが、

2012年に登場し

2014年にZOZOを追い抜いて

2015年時点では既にZOZOの2倍以上になり、さらに伸びています。

 

IR資料で実際の数値を確認すると、

訪問者数 ではZALORAは、1700万訪問/月(2014年)に対して、

ZOZOは古いデータしか公開されていなく、400万訪問/月(2011年)となっていますが、2014年の売上は2011年と比較して約1.5倍(385億円←238億円)になっていることから、仮に同じ比率で訪問者数が増えているとすると、600万訪問/月 多めに見ても800万訪問/月

だとすると、すでに訪問者数ベースでは、ZALORAがZOZOを抜いていることは充分考えられそうです。

上記で見たGoogle Trendsのグラフとも概ね一致しているようです。

 

一方で、出荷数を確認すると、

ZALORAが、50万件/月(2014年3月及び4月)と発表している一方で、

ZOZOは、90万件/月(2014年1~3月の平均)であることから、まだ実際の出荷数では、ZOZOには追い付いていないようです。

 

「訪問者数は多いがまだ実際の受注数が少ない」というあたり、日本と東南アジアのEC市場自体の成熟度合いの違い、がそのまま数字に反映されているのかもしれません。

 

とはいえ、成長ペースからすると、出荷数でも、ZALORAがZOZOを抜くのも時間の問題ではないかと考えます。

 

================================

情報引用元1:

 

情報引用元2:

スタートトゥデイ決算説明会資料 http://www.starttoday.jp/?page_id=1563

 

東南アジアと日本のEC市場を比較

 

一つ前の記事で、今後10年以内にasean諸国のGDPが日本を追い抜きそうだということを書きました。

その中で、ECの市場規模がどうなっているかについて、同様に確認します。

 

EC市場規模見込_日本楽観

 

単位は10億USドルです。このシミュレーションでは、日本のEC化率が4%→6%→12%と伸びて、ASEAN諸国のEC化率がその5年遅れで伸びるという想定です。(参考:現時点で米国のEC化率は6%、英国のEC化率は10%)

 

2013年のデータはこちら(ECCLab)より頂戴しました。2018年と2023年のデータはGDP全体の数値(「世界経済のネタ帳」 (元データはIMF))と、弊社で独自に算定しているEC化率をかけあわせた推測値です。

 

どれだけ日本経済全体が停滞しても、EC化率が10%前後、あるいはそれ以上に向けて伸びている限り、ECの市場規模はかなりの成長率で今後の10年間は伸びることが見込まれる、と私達は考えています。

東南アジアの市場は魅力的ですが、ECに限っては、当面日本国内も充分成長ポテンシャルがありそうです。

 

 

続いて、日本国内のEC市場の成長をコンサバティブに見たシミュレーションについても確認します。

以下のシミュレーションは、日本国内のEC化率を4%→6%→8%と見ており、10%(英国の水準)に到達する前に

頭打ちし始めるというシミュレーションです。

 

EC市場規模見込_日本保守

 

このシミュレーションの場合では、2023年には、GDP全体だけでなく、EC市場規模においても,ASEAN諸国が

日本を上回ります。

 

ここでのポイントは、日本のEC市場を抜くかどうか(10年~15年ではいずれにしても抜きそうですが)、

という論点よりも、

2013年から2018年にかけて、

たった5年間の間に、

ASEAN諸国のECの市場が、ほぼ全く何もないところから一気に1000億ドル(10兆円)のレベルまで急速に立ち上がる

というところがポイントです。

 

ちょうどいま東南アジア各国(特に、シンガポールはもちろん、バンコクやクアラルンプールなどの都市)では、物流や決済の基盤が整い始めています。

現在の東南アジアのEC市場は、EC化率というマクロデータから見ても、各種サービスの浸透度合いなどから見ても、

日本のEC市場の2000年か2003年頃に近い印象を持っています。

この頃、楽天のようなECが、これほどまでに一般社会に普及することは、業界の真ん中にいた私自身でも、

想像できませんでした。

当時と同じようなチャンスが、東南アジアのEC市場にまさにいま現在進行形で起こっています。

 

これらの状況について、いろいろな角度から、このブログで紹介していきたいと思います。

 

=============================================

情報引用元 「世界経済のネタ帳」

情報引用元 「ECCLab

 

 

東南アジアのGDPの現状と今後を日本と比較

 

最初に、東南アジアのGDPの見通しと、その中でのECの市場規模について確認しておこうと思います。

まずはこちらのグラフをご覧ください。

GDP推移_楽観

単位は10億USDです。2005年と2015年のデータは「世界経済のネタ帳」 (元データはIMF)から頂戴しました。

2025年は、2005年から2015年までの成長率(日本8%↓、ASEAN諸国166%↑)のペースが仮にそのまま続いたら、という仮定で、少し乱暴ですが、ざっくりと出したものです。

 

現在までの成長ペースがそんなに続かないだろうと、いう見方もありだと考えられますので、仮にこの成長率が半分(166%↑→83%↑)にペースダウンしたらどうなるか、というのが以下のグラフです。

GDP推移_保守

これを見ると、かなり保守的に見ても、今後10年以内にASEAN諸国のGDPが日本を追い抜きそうだということが、読み取ります。むしろ、もし仮に現在のペースのままで進んだら、圧倒的にぶち抜きそうな勢いです。

 

数字で見ると以下のようになっています。

■日本

2005年 4.5兆ドル(503兆円)

2015年 4.2兆ドル(500兆円)(微減)

2025年 3.8兆ドル(497兆円)(このまま微減)

 

■ASEAN諸国

2005年 0.9兆ドル

2015年 2.5兆ドル(10年で+166%)

2025年 4.6兆ドル ~6.7兆ドル(+83%~166%)

 

 

今年の12月に、2015年末 ASEAN域内の貿易が自由化され、6億円のマーケットがひとつの経済圏、ASEAN経済共同体(AEC)として発足します。

 

全体的な市場トレンドからも、また、今年末に控えたこのAECの発足というタイミングからも、東南アジアへの進出を検討している事業者様にとっては、ちょうど今年あたりが参入のチャンスになるのではないかと、考えます。

 

次の記事では、この中で、ECの市場規模がどのようになっているかを確認します。

 

 

=============================================

参考:ASEAN諸国とは、インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,

ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス(全10か国)を指しています

情報引用元 「世界経済のネタ帳」

はじめに(ご挨拶と本ブログの目的)

 

■はじめに

このブログは、主にEC事業者の方で、現在国内を中心に事業展開しているけれども、今後は海外に展開したいなと考えている方を対象に、特に東南アジアにおける市場の有望性といったマクロデータから、具体的な現地でのエピソードや、取材記事などを公開していこうと思っています。

 

■当ブログのゴール

このブログを読んでいただく読者の方にとって、東南アジアへの進出の検討に役立つ情報を提供することです。

 

■想定している内容

・東南アジアのEC市場に関連するマクロデータとそれに関連する考察
・東南アジアにおける主要なEC事業者、関連企業の動向
・上記に関連する取材記事
・その他、東南アジアの現地の雰囲気を垣間見ることができるエピソード

・・・など

 

当面は試行錯誤しながら、紆余曲折しながら、どちらかというと気軽に書き進めていこうと思います。

以後、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2 / 212
ページトップへ
メディア掲載実績