マレーシアのWEB広告に関する調査について

LINEで送る

 

マレーシアの広告市場規模についてのデータ(2012年)がこちらにあります。

TV広告 2,464百万リンギット(約800億円)に対し、

インターネット広告は、まだ203百万リンギット(約70億円)です。

infocube

 

 

一方で、「アジアリサーチ総研」という会社が、WEBアンケートで集めた104人という母集団から得られた結果を元に以下のような調査結果を10月8日にリリースされました。

 

【調査結果概要】
マレーシア在住者に、各メディア広告(テレビ・ラジオ・雑誌・新聞・WEBサイト・モバイルアプリ・屋外広告)の効果について、市場調査を実施。

「広告を見て、実際に何度も購入したことがある」と回答した人の割合が高いメディアは、1位がWEBサイト( 76.47%)、2位がテレビ( 68.27%)となりました。
マレーシア(東南アジア)においても、WEBの影響力は大きくなっており、そこでの広告は、伝統的なテレビ広告をもしのぐほどになっているという調査結果になっております。

情報ソース

 

これは、特定の媒体(ここではオンライン)だけからサンプルを収集しているので、同条件で、シンガポールや、インドネシアと比較するのでしたら、アリですが、媒体同士の特性や利用状況を比較しての内容については、意味がないと思います。

 

 

一方で、それを早速、以下のメディアが引用して紹介しているのですが、完全にタイトルが一人歩きしています。

 

【マイナビ・ニュース】マレーシアでは、Webがテレビを上回る結果に – 広告効果調査

mynavi

 

【マレーシアナビ】マレーシア人の76%、WEB広告を見て商品を何度も購入

malaysianavi

このタイトルは、もはや事実とは乖離している状態です。

 

 

再度、マレーシアの広告市場規模(2012年)のデータがこちらにあります。こちらは客観的な情報と言っていいでしょう。

TV広告 2,464百万リンギット(約800億円)

インターネット広告 203百万リンギット(約70億円)

 

 

 

ページトップへ